クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【学びの本棚048】2017・4・23 

本棚048
【学びの本棚048】2017・4・23
《雑誌の本》『買ってはいけない』週間金曜日

私、クラッチは元体育教師。
その時代に買った本。
日々、おもろい授業を目指して、保健の授業では脱線ばかり。
でも、あまり笑いはおきません。
何故、生徒の顔が引きつっている。笑える雰囲気ではないらしい。
教科書以外に教材はいくらでもある。
それの方が面白いにきまっている。
みんながよく行くコンビ二に置かれている食品は添加物の宝庫である。
「ファイト一発・・・・。」と飲んだら酔っ払い。
下戸(アルコール拒否)体質の人が飲んで飲酒運転。
嘘のようで本当のお話です。
この本に対抗してできた本が『買ってはいけないを買ってはいけない』という本がでた。
これもまた面白い。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚047】2017・4・22 

本棚047
【学びの本棚047】2017・4・22
《本》『親を見りゃぼくの将来知れたもの』
矢野壽男著 三笠書房

個性、個性と子供に”よいしょ”(褒めて)しているうちに
親も含めて大人を信じなくなった若者たち。
成長してから「大人の言うことを聞きなさい」じゃ、もうダメですよ。小さい頃に刷り込まれた「何をしても個性」の精神には
社会のルールなんて、どうでもいい風潮の若者を
育ててしまっているのでは…。
若者の中にはそれがいけないことと理解している若者も結構多い。
小さい頃からダメなことはダメとしっかり教えてくれる大人を信頼している若者はたくさんいる。
「それはダメだろう」と躾けてようとしたときに
嫌な顔をされたかって、
引き下がる大人だけには成りたくない。
そんなとを教えてくれる川柳本である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚046】2017・4・21 

本棚046
【学びの本棚046】2017・4・21
《本》『徳川家康(全26巻)』
山岡荘八著 講談社

この小説を読んだのはたしか27歳の年と記憶している。
何故、みたくなったのか?動機は単純であった。
本当なのかさだかではないが
世界でもっとも長い小説であるとギネスブックに載っているらしい。確かめていないが人に聞いた話である。
一つ挑戦してやれと読み始めたが長いことこのうえない。
第1巻”出生乱離の巻”から読み始めて
第26巻”立命往生の巻”まで1年かかった。
徳川家康と書いてあるのに主人公が出てくるのに第7巻までかかるという気の長い小説であった。
短気な人にはお勧めの一つである。
これを読み終えた感想は一冊の本なら直ぐ読めるであった。
それ以来、本の早読みの錯覚に陥ることになる。
そして、本好きにさせてくれた一冊であった。
読んで記憶になるのは家康が破れ逃げ帰るときに通過した土地が現在、住んでいる長尾という土地であることが印象に強く残っている。
もう一度、読み見返す勇気はない。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚045】2017・4・20 

本棚045
【学びの本棚045】2017・4・20
《本》『見える学力、見えない学力』
岸本 裕史著 大月書店

勉強ができる、できないで
その子の人格の全てを判断すべきではない。
ちょっと学校の勉強ができたからって、それが全てじゃない。
でもね、勉強のできない子の大半は家庭教育なんですよね。
それは教育ママになりなさいって言うことじゃない。
子供の持つ限りない可能性は家庭教育にある。
根性のひん曲がった子の裏に見えるのは親の教育力である。
他人が躍起になっても親の愛情には勝てやしない。
お父さんやお母さんの褒め言葉を子供たちは待っている。
それは甘やかすことではなく、子供と真剣に接するである。
時には突き放すことがあっても、最後のところでの一言、
「よくやったね」が子供を成長させる。
そんなことを教えてくれた一冊である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚044】2017・4・19 

本棚044
【学びの本棚044】2017・4・19
《本》『何のために働くのか』北尾 吉孝著 致知出版

本当にこのままで良いのか。
何の為に今の職業についたのか。
辞めたくなる。
そんな経験はありませんか。
今居る場が天職と思えるには、何をすべきか。
自問自答の日々の中で「運」と「機」を味方に付けなさいと
ほだしてくれる一冊である。
「運」がないから、天職と思えない。
いえ、いえ、「運」と出会う「機」を逃しているのかも。
ある時、チャンスが巡ってきた。
そのチャンスを見逃さなければ、何かを掴めるかも知れない。
その見る目を養うことの大切さを知る。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード