クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【学びの本棚103】2017・6・17 

本棚103
【学びの本棚103】2017・6・17
《本》『話を聞かない男、地図が読めない女』アラン・ピーズ+バーバラ・ピーズ 主婦の友社

ベストセラー本である。本に興味のある人ならば、一度ぐらいは本屋の棚で見たこと、手に取ったこと、読んだことがある本の一冊でしょう。

なぜ男は一度に一つのことしかできないのか
なぜ女は方向音痴なのか
なぜ女はよくしゃべるのか
なぜ男は一人っきりになりたがるのか
なぜ男はすぐに結論をほしがるのに、アドバイスを聞きたがらないのか

性差を言うと差別って言われる。
でもね、男と女の人の行動パターンって、
男の人には、男なりのパターンがあり、女には女なりのパターンが
あるようだと投げかけをしている本である。
う~ンなるほどって思える所がある。
それを知ったから、どうってことはないんだけど、
男集団、女集団の勉強にはなった。
自分が見い出した結論。
クラッチは男集団向きな指導者ってことですわ。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚102】2017・6・16 

本棚102
【学びの本棚102】2017・6・16
《本》『声かけ』辻 秀一著 池田書店

「ドンマイ!気にしないでは」は、逆に気になる!?
いつも通り、
「御意!」と読みながら、呟きました。
声かけは切り替え力。
それを再確認できた本である。

勝敗を決める、フリースロー。
一本目落としてしまった…。
その時、我がチームの合言葉は
「ストップ!」でした。

アンラーニング、忘れろ!
次の一本へ、
だから、二投目がやたら入るチームでした。
アンラーニング、出来なかったことを持ち越すな…。
忘れろ、次入れりゃいい。
これチームのコンセプト。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚101】2017・6・15 

本棚101
【学びの本棚101】2017・6・15
《本》『受験計画の立て方』和田秀樹著 ブックマン社

計画性なくして、成果なし。
ゴールの更なる先を目指せ!
等々を伝えて、「起こせイノベーション!」をスポーツマンを中心にセミナーしている。

3年後、部活バスケを終えたら、
「YOUは何している?」
答えられる部員は一握り…。
「とにかく、今、一所懸命やります」
それでいいのですか、指導者の皆さん。
部員に3年後、卒業後を意識させて、
今をがんばる、フィードバックして考える習慣づけをさせてはいかがでしょうか。

計画づくりの参考にと購読。
なかなか、面白いですよ。
自分が伝えていることとのラインに近いことに
自画自賛でした。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚100】2017・6・14 

本棚100
【学びの本棚100】2017・6・14
《本》『ゲーム理論トレーニング』逢沢 明著 かんき出版

例えば、コンピューター・ゲームで将棋をしていたとする。
人間が作ったソフトだから、作った人のレベルが反映される。
それは、定石って奴で心理までは組み込まれない。
だから、でたらめ打っても定石でコンピューターは判断しようとするので、
それに反応するので結構勝てることがある。
現在、人口頭脳とのトップ将棋指しとの対戦では少し事情は異なるようですが
我々一般ピープルの話として考えてみる。
人間同士が将棋を打つときには心理的なことも踏まえて手合わせがあるので面白いのである。
要するに技術力プラス心理的な駆け引きがあるので、
駒に情が乗り移るのである。
時には打つ損じ、読み損じで大逆転なんてことが起きてくるのである。
非道なかけひきではなく、
心理的なかけひきで技術を引き出し、
勝利に導く方法やトレーニングの大切さを
考えさせてくれる本である。
瞬時に判断して、勝率を高める方法論である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚099】2017・6・13 

本棚099
【学びの本棚099】2017・6・13
《本》『スロースポーツに夢中!』
酒井青樹・峯岸純子著 岩波アクティブ新書

自転車に乗るとき、早く走るよりゆっくり走るほうが難しいですよね。
スキーでも同じ、ゆっくり正確に滑るほうが難しい。
スキーやったことがないのでわかりませんって人には、
是非この本を。
この本は、『下手でもいい、強くならなくてもいい、速くなくてもいい』頑張らないスポーツのすすめ!なのである。
近未来、もうすでに訪れている高齢者社会への提言である。
でもほんの少し競技性がるほうが面白い。
早くしようたって年齢がそうさせない。
強くしようにも無理がある。
でもスポーツする楽しさを忘れたくない。
そんな提言をしている本である。
そんな本からも学ぶものはある。
ゆっくり正確にプレイさせることが、脳回路にインプットされれば、若者の運動回路なら競技力は向上する。
指導の最初はハーフスピードで理屈を教える。
3pシュートが最初とどかなくとも、しっかりした姿勢と筋力とバランスを焦らずスローイズムで教えれば、必ずグッドシューターになれる。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード