FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

天狗も嫌だけど、謙虚すぎるのもね・・・。 

天狗も嫌だけど、謙虚すぎるのもね・・・。

この言葉から『大胆かつ細心』をリンクさせてしまう。

天狗の部分を完全に失わず、謙虚すぎて能力があるに前にでしょうとしない。
モチベーションを下げる要因となりかねねい。
どちらにせよ、チームが前向きにならない批判めいたものが渦巻くことになる可能性を秘めている。

もし、チームに天狗が居れば、
もし、謙虚すぎる者が居れば、

上手くチームの為に役立てる術を構築させる努力をする。

天狗=大胆さ
謙虚=細心さ

天狗になっている者がいざとなると逃げ出す、
謙虚すぎて、周囲が盛り上がらない、

人間関係がぎくしゃくする可能性はある。

この相反する両極の性格・性質をもった者がチームに存在する可能性は多くのチームの指導者・チームメイトを感じる所である。

この個性をコート上でフル活用するためにどうすれば、
一度は天狗の鼻を折ることも必要だし、
謙虚さを捨てて大胆にさせる場を経験させなくてはチームで認知されないのでないだろうか。

鼻を折ったりしても、恥をかかせるような事になっては人格否定に繋がる。

個性を活かせる場を模索する。
それがチーム改善スキルであり、具体的メニュー提供へのチャレンジャーを育てることである。

単なる技術向上メニューのスキルの提供だけでは、
天狗は天狗のまま、謙虚さはネガティブとしか捉えなくなり、コミュニケーションはとれるとは考えにくい。

結果に対しては、成果を伴うようなスキルを提供し、解決方法には直線的なのか、少し廻り道なのかを観察する必要がある。

そのプロセスを活用して、チームパターンを構築して、プレイを機能させる必要がある。
それがコーチ能力である。
少し関わる人間関係を上手く活用するだけで凄いプレイや成果を出すことが予測される。
指導者としての”あなた”、どう思われますか?

それが今日に提案です。

答えはご自分で出してください。

チーム力向上バージョンに付け加えてみてください。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/949-81e60d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード