FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

「継続は力なり」と言うけれど・・・。 

継続は力なりというけれど、

改善・発展なき継続には、進歩は望めない。

ただ、日々過ごしているだけで「(練習)やっている」と成長して行くと誤解している人やチームはいませんか。

何年もただやっている状態が継続させている誤解信仰を早く解かなければ、成果は望めない。

イノベーション(改革)を起こしてこそ成果を得られる。

イノベーションを持続させるためにもクリニック機能をチームや個人として待たなければ、成果は出せない。

イノベーションのもう一つの機能、少し言葉はきついが破壊的改革をしなければ、継続は力のエネルギーには成りきれない。

破壊的イノベーションとは、できない過去とサヨナラするアンラーニング機能をトレーニングさせることが大切である。

成果を出せないことを続ける継続は、やった気持でいる自己満足であり、無駄である。

間違いを100回続けて、反省・改善があれば良いがほとんどの場合は成果は望めない。

間違った継続は力と成り得ない。


朝練習に毎日来ている。
練習は3時間休まず続けている。
シュート練習は欠かさずおこなっている。

でも、成果がでないようでは”やっている”とは言い難い。

コーチングにイノベーションを起こしましょう。

破壊(アンラーニング)から持続へのイノベーション(チーム改革)を起こしましょう。

早く気づいたり、気づかせないと無駄な努力で終わってしまう。

できない、成果が出ない過去とおさらば(アンラーニング)して、成果に繋がる継続と出会いましょう。

例えば、シュート練習、初期では打ちこみが必要でしょう。
それはシュートホーム固め、本人のシュート運動神経回路には有効であるが、ある時から実戦に即した練習を取り入れな来れば成果は望まない。成果とはゲームにおける成功確率を高めないかがり、成果ととは言いづらい。
打てる場所に移動して打つ、
ディフェンスを想定させるものを置いて打つ、
試合と同じ状態の心拍数でのシュート練習導入、
等々、工夫は限りなくある。

工夫を加えた継続はこそ力(ちから)となる。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/945-6c0c2f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード