FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

そんなに細かいこと言わないでよ・・・。 

凄く大雑把な性格だけども、これだけは妥協する訳にはいかない。

そんなことを持っていませんか。

私には、神経質なほどにこだわる時がある。

それはバスケットボールにおける定位置である。

2ガードポジションのフォワード45度の位置、
1ガードポジションのフォワード45度の位置、

それはフリースローラインの延長上で3pラインとの交わる点、
この場所が新旧ルールでは50cmリングとから遠くなったがこのポジションが攻防のミッドポイント(大切で重要な点)となる。

この場所だけは指導者として譲れない場所というか点で戦術・戦略、ゲーム攻防の拠点となる所である。

この場所で自由にチームとしてボールを支配できることがゲームを支配する考える。

それはオフェンス、ディフェンスどちらにも要求するポイントである。

オフェンスならその場所で必ず貰わなければ、全てのオフェンスのフロアーバランスが崩れて、リズムが創れずに良いシュートチャンスを創れなくなる。
逆にディフェンスがその場所で50cmでも外れた場所でボールを持たせればOKという場所である。オフェンス相手にプレッシャーを感じさせる点となる。

この矛盾した場所をオフェンスはその場所で、ディフェンスは外での戦いがゲームを支配できることを自論・持論でチーム指導していた。

私だけの感性かもしれないが、ゲーム支配するバロメーターとして、やり続けていた。

余り人に漏らさない企業秘密的な事であった。

今、明かす…。ちょっとオーバーですね。

この事を指導者の皆さんはあまり語らないのでは。

これが私のモーションオフェンスの始まりであり、ディフェンスのヘルプポジション保持の合図である。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/932-ac983298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード