FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

発想を変えてみる。 

どうすれば、強くなれる。

強くならないと大きな大会に出場できない。

そのために予選を勝ち抜かねばならない。


強いチームは強い者同士練習試合などで対戦し、お互いに高め合っている。

自分たちもその対戦相手の1つに入りたい。

そうすれば、強いチームになれるかもしれない。


そこで強いチームとの練習試合を計画したが実現できなかった。

必死で練習するも成果が出せなった。

悩んだ。

何とか、強豪チームとの練習試合を実現したくて、紹介してもらった。

何度か、強豪との練習試合が実現したが遠征が伴い、費用的なものが浮上し、遠征回数の制限を加え無くてはならなくなった。

遠征しなくとも強豪チームとの練習試合は実現できないものかと考えた。

強いチームが近くに来てくれることが出来ないものかと考えた。

招待ゲームを考案した。

しかし、自分のチームは招待されるレベルに達成せず、指をくわえているにすぎなかった。

そこで考えた。

招待ゲームの練習会場を提供することを申しでた。

そして、強豪チームの練習の場を提供するとともに、練習を見学するチャンスを得た。

そこで申し出た。

「調整のための10分ゲームに相手をさせていただけないでしょうか」

チャンスが巡ってきた。

「良いですよ」との返事に10分ゲームをすることが出来た。

すると「もう一本、やりましょうよ」と申し出ていただいた。

結果、その日に10分ゲーム4回できた。

それは1ゲーム分である。


そこで思いついた。遠征に行かなくとも強豪チームとの試合が出来る方法はある。

来てもらうことである。

始めは強豪でなくともかまわない遠征してくるチームを呼びかけて大会を創った。

すると何チームかが来てくださった。

そして、大会を企画し運営することでチームは対戦チームを得ることができた。

その大会を積み重ねることでチームは飛躍するきっかけができた。

成果が出だすと遠征しなくとも強豪が集まる大会は企画できるようになった。

大会を企画、運営することは自チームだけことだけでは済まないが他府県チームとの対戦が身近になる可能性を創造することはできる。

発想を大きく変えれば、何かが生まれる可能性はある。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/925-64f50afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード