FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

セーフティータイム 

セーフティータイムとは何ぞや…。

10分間の練習メニューを提供したと仮定する。

10分間でできれば、OK、でもできないことも想定して、考える時間、出来るまでの時間などをプラスしておく考え方である。

簡単にできること、出来ないことがある。

出来ないから、「こんな簡単なことできないの?」で終わらせては、成果は得られない。

そこで余裕をもってた時間を組み込み12~15分で成果が見え出せるようにコーチ(指導)する。

考えさせて、成功感を味わせる。それが上手なっていく方法論の1つである。


簡単に出来ないことを見込んで、自分(たち)で考えろ、答えを出せよと願う気持ちでセーフティータイムを導入する。


練習コート横の作戦版、ホワイトボードの取り合いをどうとらえます。

10人十色でバラバラになる。

でも、テーマが一つで異なる方法で答えを出そうとるチームは前向きである。

そこで指導者の登場となる。

方法を集約して、纏めて言っての方向性を出す。

これがチームにおけるコーチの役割であり、仕事であり、使命である。

叱ってもいい、考えず行動することをアドバイスを提供する。


一つのチームが5分でできる。
もう一つのチームは7分でできた。
もう一つのチームは10分かかった。
もう一つのチームは12分かかった。
この5~12分の差をどうとらえるかである。

自分たちで考えて、全てのチームが10分でできれば、チームとしての取り組みはOKである。

そして、競技スポーツとして、相手チームとの攻防でできているOKである。

人は簡単に出来ないが、出来るかもしれないことに興味を示す傾向がある。

特に若い世代には伝統的にその傾向がある。

それを奪い去って、考えない若者を巣立ててはならない。

そして、自分たちで解決することを体験できれば、きっと前向きになる。

それを信じて、セーフティータイムを導入する。

でも、考える時間がありすぎるとすぐにやろうとしない症候群も現れる。

其処は指導者のさじ加減である。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/912-1db4f7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード