FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

一方通行でも…。 

一方通行でも、伝え続けたいことを語り続ける。

心を動かせる言葉や行動があれば、必ず共鳴してくれることはある。

何も発しなければ、何も生まれない。創れない。

共感で共鳴するまでにはかなりのインパクトのあるものでなければ、人の心は動かない。

一人の人の心が動けば、その背後で数名の人の心が動き始めると信じてもかまわない。


部員不足を少子化というレベルで論じてほしくはない。

少子化世代のでも、部員が多いチームは存在する。

なぜ、部員が多いのか、何か魅力的なものを発しているのではと仮定してみてはどうだろうか。

少子化の時代を迎えようが、子どもが多い時代であろうが、教育界の部活と言う組織では、部員数が少ないチームはいつも少ないし、部員が多いチームはいつも多い。

部活が盛んな学校はほぼ全員の入部率があり、勢いのない学校には放課後に活気がない。


諦めないでほしい。

活力は生徒が創るものではない。

学校の活力は教職員が創るものである。

一人の先生が学校を変えた例はいくらでもある。

しかし、たった一人の先生の力だけでは学校の活力は生まれない。

その先生が発した最初の一方通行のやる気への提案に共鳴した人や生徒が居るから、成果を出せた。


最初の一言はある人が発して輪が広がる。

輪が広がるのは共感・共鳴がなければならない。

心に響くもの、こと、行動を発することのできる指導者が必要である。

日々之勉強、学ぶ姿勢を持ち続ければ、何かがきっと生まれる。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/847-02034fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード