FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

声を聞く…。 

プレイヤーの声を聞く、プレイヤーの思いを聞く。

大切な指導者の心がけ…。

しかし、プレイヤーから発信された声を全てを受け入れることは少し疑問を呈する。

プレイヤーへの思いやりを忘れてならないのは、指導者が持たねばならない資質の一つである。


「強くなりたいんです」

でも、しんどいことは嫌の声は聞き入れる必要はありません。

この矛盾と戦い続けるのが指導者であるし、プレイヤーである。

心の強い部員や選手が集まれば、それに越したことはない。


心が折れにくい選手の育成と環境づくりが指導者に要求されるチームマネジメントである。

プレイヤーたちの声を聞くことは大切ではあるがマイナスの要因を受け入れることはない。

受け入れる必要のない声とは、個々の都合である。

チームスケジュールがあるのにそれに合わせる気持ちのない声は聞き入れる必要はない。

チームの方針やスケジュールは事前に示し、年間の行動がある。

チームスケジュールに合わそうとしない個々の声を聞き入れていてはチームは成り立たない。

個々の犠牲が集まって、チームの強さになる。

いかにチームの為に犠牲を払うか出来るかである。

その上でこうすればチームはよくなりますという前向きな声は聞き入れる必要はある。

「朝練習したいので体育館を使わせてください」の声は当然のように受け入れて、

部員やプレイヤーが来る前に準備するのがチームの誠意である。

チームの誠意とは指導者の誠意である。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/841-b3318742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード