FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

1年先は早すぎますか? 

次年度の夏休みの予定が飛び込んできた。

そこで、合宿、遠征というミッションが浮かんでくる。

1年先のことは早すぎますか?
チームの未来への像を描けなくては今、何をすべきかの具体は示せない。シーズンを含めて年間計画を持つことの重要性は1年過ぎればわかる。計画⇒実行⇒反省⇒改善をファイルして残すと効力感が出来る。経験値として、今、何をすべきかが見えてくる。指導者の能力である。

CIMG4584_convert_20121109104712.jpg

年間スケジュール
長期⇒中期⇒短期⇒月間⇒週間⇒日々

一度、スケジュールを立ててみませんか。

何かがきっと見えてきます。

まず、時間の大切さが見えてくる。

「今日の練習メニューは」と、部員い問われた時、「自分たちで考えて、練習を」と返事していませんか?

そんな無駄な時間を過ごさせてては、チームの明日はない。

「無駄じゃないですよ。自分たちで考えて練習すれば、それな入りの意義はあります」との反論とお叱りの声が聞こえてきそうです。

自分たちで考えるために、計画のある時期に、このような課題を与えた上で「自分たちで」ならば、成果につながる。

学校、部活での時間的限界は理解できる。だからこそ、年間スケジュールでタイムラインを指導者と部員(選手)で共有すべきものである。

課題を与え行動(プレイ)させれば、後でも修正できる。

課題なき自主性には、成果はさほど望めない。

タイムラインを意識して、着地点(ゴール)からフィードバックさせて、今、何をすればいいのかを理解できるチームを育てていきたい。

それはどのレベルにも必要なアイティムの1つ『年間スケジュール』である。

計画立案をチームに示すだけで成果を出す可能性は大きく開く。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/822-b876cb0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード