FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

平成22年3月31日。 

平成22年3月31日は特別な日となります。

13年間、苦楽を共にした畷北が本日をもって廃校となる。

移転統合って言うのは綺麗ごとであって、廃校である。

関係者はこの日が来たことを認めたくなかった。

でも、事実である。

教育行政に対する怒りがいつも以上に増してくる。

最後までベストを尽くした善なる人たちで支えられた学校である。

多くの卒業生が育った。

反面、多くの退学を余儀なくされた者が存在したのも事実である。

私ごとではあるが、たった1名の3年生がいたバスケットボール部との出会いが人生を変えた。

「やればできる」が人生の支えとなった。

平成22年になってから、毎週のように教え子たちの結婚式に招待されている。

その都度、手渡してきた公式戦用ユニホーム。

本来なら、まだまだ伝統して受け継がれていくべきものが途絶える。

喜怒哀楽をバトンタッチしてきたものが途絶える寂しさを

お祝いの席で毎週、味わっていた。

この子(教え子)たちに帰る学校がない。

本来あるべきところに学校がない。

「やぁ、先生久しぶり」

「元気に暮らしてるんか…。」

日常的な会話が途絶える。

心を育ててきた学校がそこにない。

この子たちに背中を見せ続けて来た。

頑張り方を少々きついものではあったが提案し続けた。

桜の木と学校、どの町にもある風景。

桜の木と共に育ち、歴史を刻んできた学校(母校)

桜の木に次年度の希望を感じていた。

もう、その桜をいつもの気持ちで見ることはない。

昨日から心が動く。

最後と見届けるにのか…と。

なくなれば真実を伝えにくくなる。


午後5時15分、最後の門が閉じられる。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/80-cec2d613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード