FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

脳学者茂木 健一郎氏に学ぶ 

苦手を得意に変える1万時間の法則
茂木 健一郎:世界一の発想法

でもね、1日3時間して1万時間に到達するには約10年ですよ。

そこまでできるかな?

日本語を話すって考えてみましょうよ。

難しい日本語ではなく、通常の日本語は日本語づけの環境だから生活すれば、10年もしなくとも、子供は会話しますよね。

その日本語圏を離れて、英語圏で生活するとなかなか1~2年じゃ無理ですよね。

しかし、良くて行くために日常会話をせざる環境で英語を話さなくてはならいとすると10年の月日は必要とされない。経験した人はご理解できるのでは…。

苦手なことも一日3時間10年続ければ克服できる理論を茂木氏は述べる。

1日3時間を6時間にすれば、5年で済むのではとクラッチは考える。

さらに脳は横の連携(インパルス)で経験すれば、時間短縮をする。これは学んだことである。
学習能力と適応性などで理解できる。

学習すれば、時間短縮で問題を解決する脳力が人間には備わっている。


ここで学びの活用で成功し気持ちよく脳を働かせれば、能力として備わる。

スポーツの練習や技術習得はこれに値する。

自転車のバランスをとれずに苦しんだ幼児期は必死だった。しかし、乗れると反しながら、時にはメールを打ちながら自転車をこいでいる。これ脳の学習能力である。

だから、1万時間なくても苦手意識は克服するのではと推測する。

いや、きっと克服できる。

スポーツ指導歴ちょっと長いクラッチはそう思う。

これ、茂木氏から学んだこと。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/796-de4e1472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード