FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

可視化する 

可視化とは、人間が直接「見る」ことのできない現象・事象・関係性を「見る」ことのできるもの(画像・グラフ・図・表など)にすることである。


荒れる学校でよく生徒が使って耳慣れた「意味わからんし」と教職員の言葉を聴き入れなかった。

ごくごく普通で真面目な生徒でも「無理、無理、無理…」を連呼して、(自己防衛)バリヤを張る。

この子(生徒・学生)たち側に立ち、見える、感じる、理解するなどの具体像を示してやれば、荒れや無視や拒否はなくなる。

甘やかさなくても、見えてくるようにしてやれば、受け入れる心は育つ。

「意味わからんし…」にヒントあり。

受け入れるよの信号を出しているだけに過ぎない。意味が分かれば、行動する。

「無理、無理、無理」にもヒントあり。

恥をかかせないでよと合図を送っているに過ぎない。

「わかる、わかる、わかる」の逆送信してやれば良いだけである。

どちらも、生活していくに役立つ感を出せば聴く。


「見えてくる」「見える」を指導すれば良い。

教育の可視化と言わせてもらう。

困難校だから、無理無理無理と発信しているのは教職員ののかもしれない。

出来ないバリアを張っているのは教職員なのかも知れない。

教員も生徒もバリヤを張れば、2つも壁をつぶさなければならない。

せめて、教職員側のバリアははらないようにするば、解決策は見えて来るかもしれない。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/696-4e81b9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード