FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

言葉で育てる。 

「どうして、できないの?」と言い放つよりも

「どうしたら出来ると思う」と尋ねたたり、問いかけた方が時間はかかるが部員・選手は育つ。

習慣づけで「どうしたらできると思う」と問いかけて、答えを出そうとする部員や選手と日々付き合う。

このルーティンが構築されれば、ゲームにおいて何を度すれば、成功するか、

また、なぜ、成功しないのかを考えて行動するようになる。

解決しようとする姿勢を評価してあげれば、チームの全員がポジティブになれる。


そのための指導者の仕事は

全体像が見えるスキルや練習メニューを提供できるかである。

そのスキル・メニューに未来(着地点)が見える工夫がなされているか、否かである。

バスケットボールの指導者なら、5対5が見えてくるメニューの提供が仕事であり、チームでの役割である。


5対5からフィードバックさせてのスキル・メニュー創りの能力が指導者にと問われる。

単なる技術の伝道者であってはならない。

これだけ、メディアが発達している時代、技術の習得は簡単である。

上手で知識豊富な選手や指導者が氾濫している時代に一歩前を行くには工夫が必要であり、しっかりとした方向性を出せることが指導者の仕事であり、チームでの役割である。

たくさんの専門用語を知っている人が必ずしも有能な指導者でを意味しない。

有能な指導者はいかに人材を活かして、プレイを機能させて、チームを前向きにさせることを知っている人である。

たった一つのことを機能させるために、全身全霊で部員・選手・チーム関係者と取り組めるかのマネージメント能力を問われる。

それは過去も現在も同じことである。

情報氾濫の時代だからこそ、チーム方針を構築させる能力、理念をしっかり持つことである。

それは何も難しいことではない。

ほんの少しの(バスケ、スポーツへの)情熱とほんの少しの機能させるプレイの提供とほんの少し学ぶ姿勢があれば、チームを成功者へと導く可能性は引き出せる。


スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/684-f80e88c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード