FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

没頭する。 

来る日も来る日もたった一つのことをただ一瞬のためにやり続けたことがある。

その時が来たらではなく、その時が来るように寝ても覚めてもやり続けたことがる。

その場面が訪れた時に何事もなったようにできるように…。

その一瞬にとったチームメイトの全ての行動はすべて計画されただった。


俺たちは最大頑張っても1試合65点得点するのが精一杯である。

でも、65点は必ず取る自信がある。

残り数秒で62対65点で負けていても65対65にする自信がある。

それはなぜ、来る日も来る日もそのための練習を楽しんでいたらからである。

コーチは叱咤激励する「最後の一本を何ビビッて打ってるんや!?」と。

来る日も来る日もビビらず打ち続ける練習をした。

その瞬間が来た。

平然とと打てた。

65対65で延長戦…。

これも叱咤激励されながら、来る日も来る日も想定練習した。

終わってみれば70対69で勝った。

そう1点差で勝つ練習をしていたから、この勝は偶然じゃない。

必然である。

そんなチームを創りたい。育てたい。

それがチームの着地点である。

その着地点に到着するまでの道標を立てるのが指導者の仕事である。

分析して、勝ち方を描くことができるのが指導者の特権である。

企画して、実行して、成果を出す。

教えて、鍛えて、勝つである。

教えるとは自分を知して分析する。

鍛えるとは格差を埋めることである。水準に到達させることである。

水準とは戦って勝ち負けを想定できるレベルのことである。

最大頑張って、ダメな時でもこれだけ取れる得点を自覚できることである。

想定した得点以上取られれば負けるが、想定内なら勝てる。

そのラインを指導者と選手が共有できることである。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/660-2b4f8306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【没頭する。】

来る日も来る日もたった一つのことをただ一瞬のためにやり続けたことがある。その時が来たらではなく、その時が来るように寝ても覚めてもやり続けたことがる。その場面が訪れた時に何事もなったようにできるように…。その一瞬にとったチームメイトの全ての行動はすべて計...

まとめwoネタ速neo

2012/06/09 13:02

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード