FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

見せ球? 

野球のピッチャーがゆっくり遅い球を投げた後に少し早い球を投げるバッターは凄く早く感じる。

また、インコースにバッターに当たりそうな球を投げた後、アウトコースに甘い球を投げても凄く遠くに感じる。

この駆け引きで良いバッテリーはバッターを打ちとっていく。

駆け引きを考えて楽しんで勝者になろうと努力している。


バスケットボールでプレイをシンプルで機能させるために凄く難しく考えるプレイメニューを提供する。

選手は混乱するが必死でプレイしようとする。

難しいプレイが出来るまでかなりの時間が必要とする。

まして、ゲームにおいて使って成果を出すまではかなりの練習時間と経験が必要となる。

前記の遅い球と速い球の緩急を使うと同じ感覚で

難しいさ(複雑)とシンプルさを上手く使えば、選手が成果を出す可能性を向上させることができる。

目の錯覚を活用すれば、成果を出せるプレイは幾つかある。


175cmのセンタープレイヤーを大きく高く見せる。

一つの方法はハンドアップ

更に大きく見せるために、両手より片手のハンドアップ

更に高く目せるためには小刻みにハンドアップしながらジャンプを続ける。

小刻みジャンプは10cm程度でも相手には大きく感じさせる効果はある。

第1Qで相手に見せかければ、後々はハンドアップだけも相手は大きく感じている。

ゲームにおいて、この錯覚を活用してみる必要はある。

そして、更にリバウンディングテクニックのスクリ―ンアウトや身体の寄せを教えて、リバンド獲得率を高めれば、リバンドが強い印象が残像として残り、

リバンド強い=身長があるような錯覚が生じる。

ウソのような本当のテクニックである。

少なくとも私が指導したチームはこれを信じさせて、実践して成果を出していた。

”身長が低いからリバンドをとれない”誰が決めたか知らない神話をつぶしていた。


成果を出すためのスキルを提供するのが指導者・コーチの仕事である。

そのための勉強・研究は必須である。

具体化の第一歩は成功者を真似る。

そして、分析・改善を繰り返しオリジナルに創りかえる。

それも指導者・コーチの資質の一つである。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/658-76315db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【見せ球?】

野球のピッチャーがゆっくり遅い球を投げた後に少し早い球を投げるバッターは凄く早く感じる。また、インコースにバッターに当たりそうな球を投げた後、アウトコースに甘い球を投げても凄く遠くに感じる。この駆け引きで良いバッテリーはバッターを打ちとっていく。駆け引...

まとめwoネタ速neo

2012/06/07 18:28

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード