FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

自分の思いを自分の言葉で話す 

現在はプレゼンテーション能力が問われる社会

思いを声に出して、自分以外の人(ステークホルダー)に伝える。

非常に難しいことである。

聴いてくださっている人の受け取り方次第で異なる伝わり方となる。

誤解されると表現し手もいいかもしれない。

自分はこのように思っていて、声に出して伝えたのだが聞き手には違った様に伝わる。

よくある話である。


政治家が最近よくマスコミから批判されて辞任に至るでき事が頻繁に起きている。

表現の仕方が悪いから・・・。

相応しくない表現だから・・・。

この対応策として政治家は失言しないようにあらかじめ準備した文章を読み上げる。

棒読みで返答する。

失言はなくなるが誠意が伝わらない。


オフィスKURACHでは“イノベーションボード創り”セミナーの最後にプレゼンテーション能力として

「未来を語る」でセミナーの締めくくりとする。

高校のHR活動などで未来を形にしたイノベーションボードを前に「思いを語る」ことでこれからの自分を認識していただくために活用していただいている。

CIMG4235_convert_20120428164023.jpg


その時に自分の思いを自分の言葉で自分流にセミナー参加受講者の前で語っていただく。

語りの台本は”ボード”を見ながら語ることが大切である。

文章をあらかじめ準備したものを読むのではく、その場で語ることの大切さを体験していただく。

それが聴く人の心を打つのである。

所謂。感動を生むのである。

読むのではなく、語るのである。


プレゼンテーション能力を高めるトレーニングは数多く人前で話すことである。

声の大きさと自信は比例する。

声の小ささは誠意が伝わりにくい。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/632-a0ec9f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード