FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

兵庫エンデバーより 

 「理念なき指導者はされ!」
そんな始まりで兵庫エンデバー(育成コース)の講習を始めた。
6時間に及ぶマラソン講習である。
久しぶりに人前で話した。
正直、最後の受講者の発表時には眩暈(めまい)を起こしていました。
熱心な受講者の皆さんがグループで考えた「明日の兵庫のバスケ」というテーマに取り組んでいただけた。
最悪な条件設定。
最悪の基準を示さないまま、参加者一人一人が最悪のチーム環境を設定してみる。
解釈を自由にした。
アイスブレーキングでグループ分けをした。
5人一組で初対面同士が「明日の兵庫」を考える。
????。
これは受講者の頭の中です。
「何で」そんなことをするの????。
「良いチーム」「強いチーム」を育てたいから…。

コーチKURACHが提案した最悪の条件下は強烈すぎたのか。
結構、ごく身近にある現実的な設定で下準備だった。
「それほど、(環境は)悪くありません」なんでしょうね。
答えは自分たちでというコンセプトでスタートさせたから、
参加しないと受講者としての答えは導き出せない。
まして、初対面同士である。
遠慮もある。それを乗り越えて…。

ものの5分も経たないうちにグループに会話が弾みだした。
最終的には「兵庫の・・・」とまでは進まなかったが、想定したチームの方向性を導き出せた。
5グループがクリエイティブなチーム構想を発表していただいた。
現実と理想のギャップをどうして埋める。
おぼろげに浮かばれたようである。
「どうすれば」
「こうすれば」
「こうなる」
「なるほど」である。

あくる日、受講者の方からメールをいただいた。
『私の指導理念は「あきらめない心作り」「笑顔の勝利」「子供と共に」です。(一晩考えました。)これから、いいチームを創っていきます。またいろいろ教えていただければ幸いです。』

きっとこの方は3つの「理念」を基に「ナンバーワン」を目指す「オンリーワン」なチーム創りを始められることでしょう。この理念を基にコーチしていく。選手を飽きささない具体的プログラムを自分の手で考案する第一歩を踏みだされた。

「理念なきものは去れ」
コーチは指導者である。しかし、教える(TEACH)のではなく支援する(COACH)指導者を目指しましょう。
「すべてのPLAYERに(自分の手で)微笑みを(掴む)」提供できるコーチングを。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/54-2cb67e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード