FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

戦略・戦術・戦法を踏まえて 

戦略・戦術・戦法を踏まえて

『タイムアウトを科学する』セミナー

2月4日大阪産業創造館

_DSC0032_convert_20120209122016.jpg

戦略・戦術・戦法を明確に線分けすることは困難である。

しかし、ボールゲームにとどまらず、スポーツ界では頻繁に使われる言葉である。


指導者やコーチの腕の見せ所であるゲーム掌握術として、スカウティングしたものの手腕の発揮場所として試合におけるゲーム計画がある。

想定内外のことを予測し、ゲームをデザインする。

自分たちの最も得意とすることを貫くのか、

はたまた、相手の出方を見てゲームメイクするのか、

1つのゲームのみの戦術・戦法をたてるのか

それはチームをあずかる指導者の監督として大切な一面である。

試合の流れを考察し、ゲームを有利に運ぶための手段として、バスケットボールには5回の”タイムアウト請求権”がある。

この請求権をいかに使うべきかをテーマに提案させていただいた。

タイムアウトを科学する「9つの心得」をクラッチは提案した。

この提案を効果的にするために日常の練習がある。

ビジョンを持って、方針を立てて、パターンやフォーメーションやフィジカルなどの練習に取り組む。

そして、試合に臨む。

試合当日、水面下で準備してきたことをいかに選手が発揮してくれるかで勝敗の分かれ道になる。

ベストパフォーマンスをさせる手腕が指導者である監督には要求される能力である。

見せ所、ベンチワークの一つに『タイムアウト』がある。

タイムアウトを科学する=ベンチワークである。

このテーマでこの夜は熱く語りました。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/526-a8236ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード