FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

熱くなった余韻が冷めない間に 

12月のチームの頑張りはいかがでしたか…。

個々の頑張りがチームの頑張りに結びついたでしょうか。

年が明けると忘れる?


点(1回の頑張り)と点(1回の頑張り)が結び付き、線(連続した成果)になりましたか…。

(点を3回続けて、はじめて頑張り)=チームとして3回の頑張りを1回の頑張りとする。

3回の頑張りを具体化する”(*ディフェンスからの速攻での成果)×3回=チームの1回の頑張り”である認識をチーム全体にインプットさせる。
*速攻からディフェンスでも、リバウンドから速攻でも構わない。チームとして頑張りを決めればいい。


(頑張り=得点)×3回=0点~9点

3回連続の頑張りで得点と言う成果を得てはじめて、1回の頑張りであることを認識させる。

3回連続の頑張りが線がつながる。

点(1回の頑張り)を線(連続して)としてつながれば、チームにリズムを創ることができる。

3回連続の頑張りの後に、相手チームの頑張りでまだ2回の差は残る。そこからまた3回の頑張りをチームに要求する。その後、相手チームに1回頑張られても、6対2である。

6対2の内訳が6×1(フリースロー)で相手が2×3でも、6対6である。
もし、6×0=0点で、相手が最大6点でも構わない。相手の3回のファールが記録されている。チームのリズムは維持されている。この頑張りが必ず成果(得点化)となることを信じてチームにプレイさせる。
バスケットボールはそういうスポーツである。

トータルでの頑張りの目安が3回連続の頑張りが1回である認識を繰り返し、繰り返し、繰り返しすれば良い。

それを公式戦までに、身体に、個人に、チームに教え込めばいい。

それが指導者、コーチの仕事であり、役割である。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/483-b4e2198e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード