FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

比較してはならない。 

次回対戦相手をスカウティングするのは大切な行動である。

表面的に見える能力の差を問いかけてはならない。

自分たちのチームが最大限努力できるためのスカウティング(準備)をすべきである。

俺たちには無理と決めつけるようなスカウティングをさせていはならない。

まして、前評判ありきの目で観戦させてはならない。

指導者やコーチの仕事はチャンスを見つけ出して、徹底させることがチーム貢献であり、役割である。

失望させるためにスカウティングすることなかれ。

夢(勝利)に向かわせる勇気づけのためのスカウティングをして、具体化したものを提示すべきである。

提示したことを実行させる信頼関係を日頃から構築させるのが指導者の仕事である。

「あの人のためにやる」という土壌はWIN WINの関係であるべきで見返りを求めてはならない。

互いに誠意を尽くす土壌を築くことである。


私は勝てなんてことを一回も言ったことはない。

でも、努力のやり方ひとつで勝利を導くことはできると言い続けたことは事実である。

1%の可能性があれば、部員と一緒に努力する価値観を共有することである。

対戦前には必ず50%の可能性があると信じている。

50%とは勝つか負けるかしかないのが競技スポーツの宿命である。

どちらの可能性に賭けるである。

答えは決まっている。50%の勝利への可能性を信じて51%の可能性にすれば、51(%)対49(%)で勝てる。

信じる土壌つくりをするのが指導者の仕事であり、チーム貢献であり、チームでの役割である。

そのことを忘れてはならない。

たった1%の可能性を引き出させるのが仕事である。

決して失望させることが仕事でない。

ささやかな1%に私は賭ける。

そして、具体化する。

・難シ搾シ托シ点convert_20111205112200


こんなメールをいただきました。

部活動のありかた
倉田先生へ
正に、今 そのことを実行しなくてはいけない時です。
何とかなるだろう。は何ともならない。
何とかしなくてはならない。相手は、言い訳は洗練されている。
勝手にうまくなっている生徒は特にそれが優れている。
基本姿勢のよい選手は、指導を待っています。この選手で
強くなる事がコーチに一番大切な仕事ですよね。
(後半略)

皆さん諦めずに1%の可能性にチャレンジしましょう。BY KURACH
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/462-3fab5c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード