FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

何か持っている…。 

日ハム斉藤祐樹選手の名文句「なにかもっている」

この言葉を風化させてはならない。

成功者には何か共通したものがある。

それが「何か(を)持っている」である。

斉藤選手は第一に仲間を挙げていた。


コンピテンシー、成功者が持つ資質である。

これを学び、学習し、トレーニングして、成果を出す。

コンピテンシーは持って生まれた資質だとも言われている。

でも、能力が埋もれさせたままの人には「何か」を自覚することはできない。

活かせる場での能力発揮に至ってない現実がある。

成果を自覚できてこそ活かせる自分の能力である。

自分の能力を活かせている人は愚痴らないし、人のせいにはしない。

責任の所在を常に内なる自分に求めて努力する。


自分がやりたいことでないとその場を否定する人がいる。

だったら、自分の能力を最高に活かせる場をつくれば良いのに、結構、他人任せで「自分を理解してくれない」と愚痴る。

結局は自分がない人からよく聞かれる言葉である。


最近よく耳にする言葉「私は誉められて伸びるタイプなんですよ」と自己アピール。

裏を返せば、他人に活かされなくては仕事ができないということをアピールしていることである。

他人から仕事を与えれれば、今度は「やりたい仕事ではない」と返答する人に共通する生き方、態度である。

誉めるのは周辺もしくは他人の評価である。

自己評価を口にするには、成功した時の自分へのご褒美としてとっておきたい。

それが「何か持ってるな」と高く評価される要因となる。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/461-1ddfb1a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード