FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

確率の高いシューターの陰に…。 

P10301701.jpg
バスケトボール競技の確率の高いシューターをチームで育てる条件

それは安心材料の提供である。

シューターはチームのリズムでシュートを打つことが最も大切なミッションであり、役割である。

100%に近い確率をしてもいいが要求してはならない。

これがKURACHの持論である。


では安心材料とは…。

ゴールデンデルタポジション(制限区域の3か所確保)の支配である。

オフェンスのリバンドポジションの争いに勝つことを意味する。

それはなぜ?

「もしシュートを外しても、落ちても、地道にリバンドボールを拾ってくれる仲間がいる」安心材料のチームとしての提供である。

其処にリバンドを拾ってくれて”ありがとう”、感謝というコミュニケーションが生まれる。

拾ってやるから、打てよ。

信頼関係が芽生える。

この関係の構築がシュート率を異常なまでに高めることに成功する。

これに対する経験値は高く、チームにおける信頼度も高い。

ゲームにおけるシュート率を30%から40%にあげれば、勝者になる可能性を高める。

更に落ちたショート60~70%の何%かでも確保できれば、チームシュート率を高めることができる。


シューターを育てるはリバンドポジションの確保にある。

ゴールデンデルタポジションを確保すると不思議にショートは入る。

これ、バスケの七不思議!

信じるかどうかの選択はあなたの心にある。

そんなバ馬鹿なを捨てましょう。

更にプレッシャーの中で打つトレーニングを練習メニューに加えましょう。

その方法はコーチ自ら考えてください。

それが活きたメニュー構築につながります。

オリジナルメニューは自分自身で考えましょう。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/437-cee42821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード