FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

限られた人の能力ではあるが出来る人は存在する。 

指導者の大きな役割にチームへのやる気の高揚と維持がある。

単なる技術の伝道者なら誰にでもできる。

機能させることで個々の力の発揮場所(居場所)を認識させることでチームは活性する。

チームにやる気を起こさせ、成果(成功感)を創りだせる環境を提供できる人はそう多くない。

でも、存在する。

IMG_NEW_convert_20100222103230.jpg

幸いかチームを飛躍させたり、勝利を継続させたり、チームのメンバーが変われども、成功者(勝利者)に成れる人との交流を多く持てた。

その人たちのチーム力維持のための能力の発揮方には共通の要因がある。

個性はあるが共通の何かを持っている。

ゲームに対する準備力と

勝たせる方法と

勝たせ続ける方法を明確に提供できる高い能力を持つ人が居る。


それを伝える。

それがオフィスKURACHのミッションであると位置付けている。

そして、高い育成能力を持つ指導者の一人で居ていただきたい。


チームメンバーの個々の能力を発見し、改善させて、機能させて、発揮させる。

師として部に伝える。

育てるとは、個に聴かせ、学ばせて、能力の発揮場所を探せることである。

自分の力の発揮すること発見させるを教える。

それは時には黙っていて、背中を見せるだけでも出来ることがある。

それは指導者が出すオーラであり、シグナルである。

それキャッチできる感性を育てることである。


キャッチする感性がない者へは諦めず、情報を発信し続けることが指導者の仕事である。

情報をキャッチしようとする姿勢の芽生えは
指導者かやのささやかな成功感の提供と個の成功認識である。

やればできるはささやかな成功事実の積み重ねである。

すると新たなるハードルの提供も跳び超えへのチャレンジ心が芽生える。

挫折もあるが何度かの成功感を得た者はささやかな努力を示す。

それが次々に現れれば、効力感が芽生え、やる気が高揚してくる。

成功した指導者の共通している能力が”やる気”を引き出せるスキルの提示である。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/431-85ddb30d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード