FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

逆手に取る 

shinji.jpeg

凄く悪い環境下で指導して、成果を出しておられる指導者は対応力を持っている。

所謂、引き出しを多く持った指導者である。

何とかしたいと思う心が人を動かす。

人が動けば、良い流れができる。

すると悪い環境が好転してくる。

こうれをこうすれば、希望や期待が持てる。

その具体を示して、努力する喜びを与えれば、良き流れができる。


自分が何て不幸なんだろうと嘆く前に

幸せになるにはどうしたら良いのかを考える。

出来ないと嘆くより、出来るようなものを提供する。

それが有能な指導者がすることである。

やればできそうなことで、やり続ければ、出来るものを工夫して提供する。

それが指導の心得である。

必要ではないこと、”できない”と思う諦めの心である。

有能な選手ばかりの集団が勝者になるとは限らない。

能力なんて誰にでもある才能である。

能力が高いだの、低いだのと言っている前に

目の前に居る選手や児童や生徒や学生や社員などを
どうすれば機能させるかを日々模索することが大切である。

環境が悪ければ悪いほど、努力すれば、色々な対応が身に付く。

技術は一つだけじゃない。

色々な方法を模索して伝える。

それば指導者の仕事であり、役割であり、使命である。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/423-88663dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード