FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

お蔵入りと涙 

「人が残した遺産はその人がこの世を去ってからも、価値を生み続ける」
アイデンチティ・コード ラリー・アッカーマン著 サンマーク出版より



ある晩、人が尋ねてきた。

話の成り行きから、部通信やクラス通信の話になった。

fuseki1_convert_20111014111741.jpg


この人が訪ねてこなかったら、この資料は世に出ることはなった。

お蔵入りである。

布石乃心籠という過去の部通信の表紙と部員に伝えたいことである。


思いを部員に”何を”、”どのよう”に伝えたいのか。

伝えたい思いを部員がどのように受け止めてくるか、それが問題である。

心に響く言葉はタイミングである。

思いの具体化が指導者の力量である。

「思いを伝える」でこの夜、ディスカッションしていた。

クラッチの過去を引き合いに出した。

それが部通信である。

思いを形にする。

fuseki2_convert_20111014112501.jpg


クラッチの書庫から一つの資料取り出しテーマにした。

それを読んでもらった。

するとこの人は人目もはばからず涙を流された。

チームは違えども、過去にバスケットボールへの努力が今日にある。

この人たちが存在したから、今の俺が居る。

そのことを思うと涙が出てきたと彼は言う。

頑張らなくてはとの思いが込み上げたという。


そこで「どうすれば」が頭を持ち上げてきた。

思いの具体化である。

―明日に続くー
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/407-9429db61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード