FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

昔取った杵柄。 

講演をさせていただいた中で最も反応を強く感じるのは「最悪の条件下で最高の成果を求めて」という場面である。最高の条件を並べても、成果が出ない時はある。ましてや、最悪の条件下で何ができると問われると踏み出せない何かがある。即効性を求めてはならない。3年頑張りあと2年の頑張りが第一歩。

チームを位置から立ち上げる時に準備したものが機能し、成果が形となって表れるには3年という時間が必要。出来上がったものを学んでも真似事では一時的には効果は出るだろうが、続かない。オーガナイズされたオリジナリティーが基盤となって3年、そして2年でチーム創設の第一歩。

場所を変えて、チームを変えて、即できる人は過去の経験値が高いからである。経験値というマニュアルを持っている人だからできることである。その人を真似ることはできる。それが学ぶ姿勢である。しかし、真似事はそれ以上にはならない。学んだことに何かを付け加えて機能させる作業が必要である。

指導者が昔取った杵柄。それだけで、今あるなら、次の世代は育たない。古い表現かもしれないが切磋琢磨の日々を過ごすことが指導者として成功する大きな要因の学ぶ姿勢の一つである。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/337-1d002276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード