FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイムバスケ思考030】 

【リアルタイムバスケ思考030】
山歩きの急登坂で息が上がり、しんどくてたまらない時
二つのことがよぎった。
一つ、苦しくても一歩一歩、歩けば必ず目的に着く。歩けばええねん。
一つ、しんどい時、ちょっと休めばええねん。するとまた歩けるねん。

そこで里に降りてきた時に頭に浮かんだのが

いつも、いつも、嫌やから止めるなら、次はないよね。
どうしようない時だってある。
その時にどうするかで、成長があるか、否かである。
そのラインを何処に置くかで、その後が決まる。
ただ、止めたからって、やり直すことはできる。
その時期が、早ければ、早い方が修正が可能である。
時空を元には戻せないから、修正可能な領域は存在する。
それを気づかくのは、本人である。
ではあるが、気づきのきっかけは示せるのではなかろうか。

ユニクロの柳井氏は「1勝9敗」と表現し、
世界のトヨタは「カイゼン」と表現し、

ミスの数だけ、成長する事を示唆すれば、
チームは成長する。
修正するチカラを身につけさせるのが指導者のチカラである。

勝利を手にするには、40〜49.9%の成功率と教え、
50.1〜60%のミスをどの様に帳消するかを教え込む。
トランディションゲームの原則、
やられたら、やり返す。
悪い率を回数で取り戻す、この原則を教え込む。

その為のデータを取り、確認させて、対策力を具体化させる。
この原則を具体化したのこれだと自覚させる。

この先は、コーチである貴方が考えていただきたい。
貴方が貴方のチームに歩き方を
その方法を徹すれば、勝ちが見えてくる…。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/3057-3985ad3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード