FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイムバスケ思考025】 

【リアルタイムバスケ思考025】
最後に追いつかれそうになった時にでも
根雪の点差が何点なのかで1点がすごく重い時がある。
まして、3点…。
その3点の差はどの時点に根雪のとなったのか。
前半終了時の3pシュートの成功にある。
その重さが最後の最後にのしかかった。
何度も体験した事である。
根雪とは、解かすに解けない、追いつきがたい点数差を意味する。
その差の重みに編み出した練習メニューがある。
かなりハードで、心身共に疲れ果てる事を
時間と戦いの中で決まるまでやる。
その重さとの戦いで重圧を克服できるのは、
実戦で成功した経験の時のみ、実感できるものである。
その成功を体験したチームには、効力として受け継がれていく。
そのイズムを教えたいがコーチングの原点である。
残り時間数秒で4点差を同点に追いつき延長で勝利をものにする。
3点ではなく、あえて4点とした。
3pシュート成功でも、追いつかれないは思い込みである。
人は奇跡と言うが、チームの皆んなは、そう思ってない。
だって、その為の練習を寝ても覚めても、
毎日毎日、練習メニューに組み込んでいたから、
それが受け継がれて、しつこさや、諦めなさに繋がって行くのである。
だから、「根雪の5点」と表現して、練習メニューに組み込んだ。
信じるか否かは、ご自由に…。
ただ、チームはそれを信じて、練習した。
チーム全員が共有するまで、成功するまで続けた。
簡単にできないから、やる価値を見出したのである。
点数表記が、1点が3点に、3点が4点に、4点が5点にとなった。
重みが、そうさせたと受けとめていただければ…。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/3052-bdef6816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード