FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

伝達する 

有効なコミュニケーションを育てるには。

チームを指導しておられる多くの方が悩むことがある。
指導者の意とすることが選手に正しく伝わらないことである。

私が指導した来たチームのミーティングには「ハイ!」という大きな返事はない。
監督の話が伝わっているかは、集合状態の気を感じるようにする。
部員一人一人の眼の色を信じるようにする。
理解しているかどうかをしっかり感じ取るまで説明は熱く語るようにする。

指導者の思いが正しく伝わっていないと感じた時。
部員一人一人の気持ちになって噛み砕いて説明していることが、正しく伝わっていないと感じた時。

さぁ、始めようと練習メニューをスタートさせようとした時、
始められない。

説明を他人事として聞いている。
全体に説明していることは、自分のことと捉えていない。
日ごろ見ているテレビの画像のようにただ見ているように、
しっかりと心に受け止めて聞いていない。
そんなことに出くわすことはありませんか?

今はじめようとする練習メニューでもこの状態のチームに進歩は望めない。
ましてや
勉強することや
授業態度のことや
日ごろの生活態度のことや
監督以外との人間関係をきちんとすることや
などなどをミーティングでの話をしっかりと受け止めるはずがない。

本当にバスケット馬鹿になりかけている。
バスケットをしていれば、それで何事も許される。
そんなことが、支配し始めているように思えてならない。
「俺はここに(所属チーム)バスケットをやりにきたんや。勉強はええねん。」
そんな態度が見え隠れしていては、いずれ公式戦で墓穴を掘る。

指導者の指示が伝わらなくなる。
真の頑張りを身に着けないまま日々を過ごさせて行けば、スポーツ馬鹿になってしまう。
そんなチームやスポーツマンを育ててはないらない。
一番になることを目標にしているがスポーツ(バスケット)馬鹿をつくろうとしているのではない。

指導者の意が伝わらないのは、指導者自身の伝達力が乏しいからである。
部員の心に熱く伝えることのできる表現力を持ちたい。
でないと人生の落伍者を作ってしまう。
勉強しなくても、努力しなくても卒業できる部員を育ててしまう。

指導者の“遅刻するな!”という警告を無視し続ける部員。
自分のために勉強しようと指導しても一向に改善する態度が見えない部員。
提出物の期日を指導されてもいつまでも持って意向としない部員。
にもかかわらず通知表の点数を気にしている。進級を気にしている。
馬鹿いうんじゃないといいたい。
努力せずして成功感を勝ち取ろうとする態度に嫌気がさす。

だから、事の重大さをしっかりとこのような態度をとる部員の心を揺さぶる言葉を身に付けたい。
でないと最後の所で勝負できない。
そう、全国大会出場をかけた試合で一緒になれない集団を抱えてのつらい勝負になる。
足を引っ張る敵が身内にいる結果になる。
そのことが予想できるので、今、勝負している。
心を鬼にして部員たちと戦っている。
心を育てるために戦っている。風邪から生還した浦島太郎状態の監督がつよく感じるチーム状態である。

この戦いに勝たなければ勝利はない。

練習メニューが機能させることは、「聴く姿勢」の構築である。

聴く姿勢ができれば、自分自身大きく変わることができる。

チームは変われる。

聴く姿勢を持つとは、伝える人との良きコミュニケーションツールを育てることである。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/294-2be55d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード