FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

すべてが機能しない時こそ、コーチの仕事。 

バスケットボールゲームでゲーム計画をすべて打ち砕かれることもある。

それが実力差と言ってしまえば終わりである。

そんな時でも打開策を探すのがコーチの仕事である。


第1Qで20点負けている。あなたは諦めますか?

選手が諦めかけても、指揮者であるコーチ、あなたは諦めてはならない。

それがコーチの仕事である。


今、相手が最高の時であり、自分たちは最悪である。

だから、一つひとつ好転させる努力をしよう。

「第1Qで20点差なら、第2Qで15点差、第3Qで10点差にしよう」とまず、具体的数値で目標を示す。

そして、冷静にさせてパニック状態をとりさる。

聴く耳を持たせた上で少ない可能性に賭ける勇気を与える。

そして、数値目標を分かり易く具体化する。

危機的状況下での努力を示唆する。

「ディフェンスでフォワードポジションをディナイを徹底しよう」とか一つのことに集中させる。

(点数を)取られたんだから、取られない努力をしようと示唆する。

もし、それを失敗しても否定しない。

ささやかな成功の連鎖をチーム内につくる。

ほんの少しでも成功すえれば、誉めて勇気を与える。

更に第4Qで相手チームは勝ちを意識し出す、そこがチャンスであると具体的な頑張りポイントを示して、言い続ける。

レギラー選手で諦めムードのプレイヤーはコートに立たせない。

不格好でも必死でボールを追いかかるベンチメンバーが居ればコートに立たせればいい。

Bチームにそのようなプレイヤーは結構存在する。

私は過去に何度となく、ベンチメンバーに救われた経験がある。

それがコーチ(指導者)の役割であり、仕事である。

03k5_convert_20110228132732.jpg

あまりにもあきらめるのが早いコーチが多すぎる。

諦めささない日頃の練習が大切である。

そんな”諦めないメニュー”を組めば良い。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/285-e355b34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード