FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイム思考167】 

【リアルタイム思考167】
一試合分をコーディネイトさせて、
試合に臨む。
ティップオフが始まりではない。
対戦相手が決まったその日から、
その中身がイメージされ始める。
最も戸惑うのが、部員たちである。
ミーティングでイメージが告げられる。
そのイメージが理解できた部員がON THE コート出来る。
レギュラーを外されたからって、拗ねていては、コートには立てない。
ティップオフから終了の笛が鳴るまでのイメージ通り行くまでの
練習内容が告げられ、そのメニューが提案される。
提案されたイメージ通りに出来れば、勝てる。
相手が強い、実績があるなんて事はどうでもいい。
結果勝った時、番狂わせだと言われても、
笑い飛ばせる事が出来る。
俺たちは、勝つための準備をした事を知っている。
しかし、自慢げに語る事はしない。
試合終了の笛がなれば、
もう次が始まっている。
浮ついた気持ちでいるものは、次のコートに立つ事はできない。
それが理解できれば、一つでも、上に行ける。
もう、その先がない。
その時は優勝した時である。
一回戦から決勝までをイメージさせる。
突然、チームとしての基礎練習が始まる。
それがゲームをコーディネイトさせる練習メニューである。
それを理解出来ないプレイヤーは、コートの隅に追いやられる。
コートに立ちたければ、目を凝らして、理解脳をつくるしかない。
もし、理解したら、いつでも、コートに戻れる。
それがチーム内の戦いであり、
ゲームをし支配出来る戦いの始まりである。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/2731-efe5225e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード