FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【学びの本棚179】2017・9・1 

本棚179
【学びの本棚179】2017・9・1
《本》『絶望がやがて癒されるまで』町沢 静夫著 PHP文庫
精神科医が語るこころの処方箋。
純粋がゆえに、マジメゆえに、抱え込んでしまう哀しみ、
不安、孤独は柔らかい思考と感性でくぐりぬけられる…。
めまぐるしい現代社会では、誰もが突然、
絶望に陥る可能性を秘めている。
絶望をくぐりぬけるに必要なものは、柔らかな思考と感性、
そして、深い見通し。
神経科医が、フロイト・ユング心理学、
そして自らの治療実践をもとに、
心の病の癒し方を紹介した本である。
何故。こんな本を読むのか?
クラッチが、あずかる子には、結構過去にトラウマを持つ子が多い。所謂、コンプレックスである。
この傷を癒すには成功しかない。
でも、何をしても成功感、
いや挫折感をぬぐい去ることの出来ない子には、悪戦苦闘する。
世の中には、真剣に受けとめる大人、
向かい合ってくれる大人が存在することを教えるに時間がかかる。
それに疲れ果てる。
他人を癒す前に、自分自身を癒す方法を模索する必要がある。
自己対話をするための材料探しのために
多くの本を読み、エキスとする。
それがクラッチ式癒しの方法である。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/2360-fd9e6bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード