クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【学びの本棚150】2017・8・3 

本棚150
【学びの本棚150】2017・8・3
《本》『武術の新・人間学』甲野 善紀著 PHP文庫

バスケットボールの社会ではかなり有名な武術家である。
東京の有名進学高で弱小バスケ部を全国に連れて行った”ナンバ走り”で一躍脚光を浴びた武術家である。
そのナンバ走りの原点は、明治時代以前の日本人の歩き方にある。
現代人の歩き方とは、まるっきり異なる歩き方であることをご存知ですか?
保健体育の授業で江戸時代の日本人の歩き方と走り方は現代人とは異なる歩き方であった。
これは正しいか?の質問に教員も含めて、クラッチの発表にバカ扱いされたことを思い出す。
それには、日本人の服装が関係し、武士道が大いに関係するって話をしたが、信じてもらえなかった。
月日がたって、この本を読んで、改めて、自分の主張が正しかった。
主張って言うより、調べたことが正しかったことを改めて知った。
この武術家は風体からして、人を寄せ付けない現実離れした人である。
クラッチが主張した以上に世の中で相手になれなった人物である。
でも、武術に目覚め、人の目なんて関係なく、自分の目指すものに邁進されている姿勢に、凄く凄く惹かれるものがある。
桑田投手は、どのチームのファンだとかいう問題ではなく、
プロ野球界で最もプロらしいプロと言えば、
桑田って答える指導者が多い。
それほど、取り組みが半端じゃない。
哲学的であり、科学的なのである。
一度ピークを通り過ぎた選手が再び全盛期の力を取り戻す時に出逢ったのが甲野氏である。
ある時、桑田は一度も勝利投手にならなかった。
投手生命は終わりか?でも、巨人軍は再び契約した。
其処に潜むものも、この本には書かれてある。
信じるか否かは読んでみてください。
スポンサーサイト

category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/2331-6b100643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード