クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー355】《人という字の考察》 

【ある日のコーチング・カレンダー355】《人という字の考察》

武田哲也の3年B組で
「人という文字は、人と人が支え合って生きている」的な名文句。

だからこそ、協力し合って、支え合って、生きていこう!
拍手、共感…。
なるほど、と思った。
良い発想だよね。
武田哲也ばりに教室で使った記憶がある。

あれか月日が流れる。

ある本から
「人という字は人が互いに支え合って生きている姿を表したもの」といわれます。良くできた話ですが、調べてみると事実は違います。人という字は象形文字で、もとの形は人偏の「イ」に近いもので、人が立って腕を前に垂らした姿を横から見た形で表現したものでした。それが色々と変形して現在のような形になりました。

が目に留まった。

サッカーのACミラン本田圭吾の
「個の成長なくして、チームのレベルアップはあり得ない」的な発言は耳の奥深く残る。

ある高校チームの指導者、
「まずは自分を大切にし、それぞれが個を考えて、個を磨け、それがチーム力となる」

個の能力を引出し、個の能力を高めることを個々が真剣に取り組む、チーム力向上に貢献し、一つ一つのプレイの質を向上せることが必須条件である。
このことを自覚する個を育てるはチームの方針の一つである。
我が儘、個人主義に走るとは意味しない。

一人一人が成長することで『人』という文字のように支え合える。
片方が強いと支え合えない。
一人一人の力や能力や技術力などを向上させることでバランスは保たれる。

個ありきでチームは成り立つ。
チームは個があってこそ、また成り立つ。
個のバランス感覚はチームマネジメントには必要な考え方の一つでは…。

信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1775-220b9e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード