クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー354】《ある企業家との対談》 

【ある日のコーチング・カレンダー354】《ある企業家との対談》

遠慮は不必要!
企業において発展を願うなら、遠慮は要らない。

会社が破たんしてしまっては、会社に属する社員の家族は不幸になる。
「日々最善を尽くす」はスタンダードな考え方である。
発展させたいのなら、考え方を言っては恥ずかしいとか、ダメなのでははとか、受け入れてもらえないとか、尻込みしていては、企業は発展しない。

愚痴る前に行動するを熱く語って抱いた。

「躊躇する」をぶっ潰す。
行動を起こして、次を創る。

勢いを感じる社長だった。

発展する会社の共通項、社長に勢いがある。
けっしてワンマンじゃないがその会社に輝きがある。
地域密着型でイノベーションを起こすの実践を学んだ。

やり方一つでまだまだ伸びる。
「やり方」を描いてみる。

もし、社長になったら、どうする?を社員が語れるかどうかである。
常に社運を賭ける。
ビジョンは社長だけの絵空事じゃない。
会社全体のことである。

『試合中のベンチを見れば、そのチームの実力が見えてくる』が会談中に過る。

うちの社長は…のネガティブ発言は居酒屋サラリーマントークでよく耳にする。
一方、わが社の凄い所トークも時には聞こえてくる。そのグループの飲み方もスマートである。激論するも、切り替えも、遊び方も上手である。

さぁ、あなたはどっちタイプですか。
「そんなに会社のことで燃えるトークはできません」ですか。
言葉になさらなくても、うちに秘めたるファイターですか。

愛する会社、愛する職場から何かが生れる、創れる。
「家族を無視して働け論」はさて置き、自分の働く環境を好転させる努力、提案をしたいものである。『遣り甲斐』論が大浮上している傾向にある。
この日の対談でも話題になった。
物を造る、物を売る、その前に『楽しむ人を育てる』論となる。
物を造る、売る、企画する前に自分の貢献で物づくりや売るや企画を楽しむ人材育成に失敗する会社なしとのその日の達する。

会社づくりとチーム創り、それぞれの場での貢献を語る有意義なひと時を過ごせた。

信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1774-e4f27af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード