クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー343】《負け方がある》 

【ある日のコーチング・カレンダー343】《負け方がある》

勝続けるには、かなりに努力精進が必要である。
だから、勝たせてあげたい、勝ちたい、成果を出したと願う気持ちが芽生える。
一つのトーナメントの優勝という勝者はたった一つである。

ある年、優勝してチーム、次年度勝つという保証はどこにもない。
一つの連盟の属し、何年も続けて上位に居るチームは存在する。
そのチームを分析すると『勝つ』というよりも『負けない』という表現がぴったりのチームが存在する。
毎年、メンバーが入れ替わっているにもかかわらず、新年度蓋を開けてみると必ず上位に居るチームが存在する。所謂、伝統校や名将、知将のいるチームである。
ビジョン構築と育成術に長けたチームである。

負け方がある。

何点、引き離されようが最後まで戦わせるには理由がある。
捨てゲームなんか、決してしない。
諦めたコートの連中に大差になったのには、それなりの原因がある。
だから、自チームの戦力と相手チームの戦力分析と比較して、いかに戦うかを理解し、ゲームプランをきめ細かく立てて実践する。

負けない方法を選択し、たとえ負けたとしても、相手チームを苦しめる。

敗戦の色が濃くなったとしても、諦めない「負け方」を強く意識して、チーム全体が戦いに臨む姿勢を最後まで失しなわない。

私の持論として『三回連続頑張り』『三回連続やられるな』と実践させるためのスキルを提供し、徹底させれば、そう簡単には負けないチームマネジメントは創れると信じている。
勝者になりたければ、3回連続の頑張りで成果を出せ、ダメ押しを押せと教える。またその練習をする。させる。
敗者になりたくなければ、3回連続やられるな。2回目で食い止めろ、何とかなる。何とかするパターンを教え込む。当然日常のスキルや練習メニューに組み込む。

信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1762-932099d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード