クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー338】《見える領域》 

【ある日のコーチング・カレンダー338】《見える領域》

「見える領域」

 予測能力というのか、予知能力というのか、起きてくることを予知して対応する力を持つ人は存在する。ここでのテーマはテレビ界をにぎわす予知能力者を意味するものでなく、バスケットボールの指導でこのチームを最大限に伸ばしていく材料を的確に提供するコーチング能力を持つ人指導者の分析である。

 何をどうすれば、選手が、チームが確実に成長するのか。バスケットボールに携わる人間にとっては、永遠のテーマである。強いチームを育てるには、モチベーション能力高く、身体能力の高い、経験値の高い選手を集めれば、日々楽しく勝てるチームを作ることは簡単であるという指導者も居られるだろう。現実問題としては、あらゆる環境が整えられたとしても、一つ高校では難しい問題である。ほとんどの場合、指導者の努力や工夫の結果として、良い選手、良いチーム作りは展開されている。

 どれだけ熱心な指導者でも勝敗という結果がつきまとってくる。より高い結果を維持できる指導者には、何かが異なる指導能力を持っているはずである。いくら真似をしても、追いつきがたい領域は存在する。それが歯がゆくてしかたがない。いつか追い越してやろうとしても、追いつけない指導力とは・・・。熱心な多くの指導者が、かなりの物理的努力をしていてもチームの成長曲線に差が出てくるのは何故だろうか。この疑問に迫ってみた。

 コーチング・指導者に必要な能力とは・・・・。

・情 熱:先ずはバスケットに対する情熱である。
・豊かな専門知識:全ての技術に通じる高い技術力。バスケット技術&フィジカル部。      
・責任感:あずかった部員を育てる責任感。
・先を読む力:起きてくる現象に先立ち、結果は別にして、答えを先に出す習慣をつける。日頃トレーニングで かなり向上させるは可能である。
・時代を読む力:時代、時期などの流れを読む力。最先端なのか、後追いなんか。
・豊かな創造力:くだらないこと、面白くないこと、当たり前にことに目を向ける。「そんなこと誰でも知っている」を捨てる。
・その気にさせる説得力:色々な文献などの比喩をその人の気持ちになって説明できる。
・日々の学習力:学習する姿勢。朝起きて、寝るまで、時には寝ていても何かを考え記憶さえている。
・させる能力:「~する」「~させる」ことの線引きを出来る能力。イズムである。何かをさせる能力が必要である。楽しく厳しくさせる能力。
・教育力:高校生として文武両道の中で育てる能力。世間に出て通用しないバスケット馬鹿を育てない。
・自分力:揺らがない自分を持つ。信念。柔軟であるが頑固である。
・分析力:有効プレイを取り上げて、プレイ化させる能力。系統立てて説明できる能力。
・情報収集力:戦術戦略を具体化するには、正確な情報入手力が必要である。
・実行力:発想したことを具体化させる能力。
・ネバーギブアップの精神:可能性の確立を技術的&精神的にも高める能力。
・人間的魅力:人間的な幅が、先をみて、ゆとりが答えを生む。スマートな人格者である。
・センス:ニーズにあったもの企画できる能力。これは人間的魅力の一部かも知れない。センスは、後天的にはつきにくい。もって生まれた能力ととらえがちである。後天的に身がつくとすれば、環境である。センスを磨ける環境に飛び込める勇気である。
・包容力:その人のためならばと思わせる力。人の好き嫌いをあまり出さない。
・話術力:話が快く伝える能力。聞きたくなり、心に残る能力をつけたい。
・神秘性:種をあかせば、何んだそんなこと。けど、常に成功感は残る。
・カリスマ性:権力的な力も時には必要。現代の若者にマッチしたカリスマはあるはず。洋服美容師のカリスマ店員に学ぼう。
・人を動かす力:一つのイベントなどに対して協力者を得て運営する力。
・求心力:人の気持ちを引きつける能力。
・広報力:自分たちの実績を伝える力。
・交渉力:イベント大会や練習試合など相手との交渉する力。
・正常化力:人間関係の正常化能力。嫌な者とでも仕事が出来る能力。
・発想の転換力:逆も真なり。とらわれない心で一つのことを色んな観点でとらえる能力。
・確立された理念:バスケット感の確立。何故、アーリーオフェンスなのかの説明力。
・経済力:チーム運営に必要な財政を確保できる能力。細々でも、この能力は大事である。大きな大会に出場の夢も決定すれば、お金がいる。
・管理能力:管理することで、がんじがらめにすることではなく。チーム全体を掌握する能力。
・組織力:一つの目的に一丸となれる集団を育成する能力。
・スカウト力:自チームに選手を集める能力。
・研究心:全てをバスケットに取り入れる心。
・吸収力(アンテナ力):どん欲に学ぶための情報をキャッチする。
・計画力:短期・長期のビジョンで計画を立てる力。先を読む力になる。
・企画力:浮かんだことは、一度は、具体的な実行案を作成する能力。
・洞察力:「何んでだろう」の疑問は、まずはやってみること。
・記憶力:有効さの原点。成功、失敗の原因を確実に記憶させる能力
・絞り込み能力:ワイドからピンポイントに。漠然としたことを明確なものにする能力。
・即答力:質問に正解不正解を問わず、直ぐに答えを準備できる能力。
・発表力:さりげなく実績などを伝える能力。
・伝達力:聞く者の理解力の有無を越えて、伝える能力がある。
・導入力:保守的にならず、受け入れるキャパを持つこと。
・読書力:多方面にわたる本からバスケットに有効なことを見つけだす能力。
・アイディア力:頭に浮かんだことを具体化させる能力。頭の柔軟性。
・メモ力:言葉やプレイ図を書き残す能力。それを再度見る能力。
・文章力:発想として浮かんできたことをコミュニケーションとして文章表現できる能力。
・事務力:事務能力は絶対に必要である。
・人脈:バスケットに限らず多くに人脈を持っていることは大事なことである。
 
 色々なことが浮かんでくる。こんなに能力が必要なのか。気が重たくなる。しかし、人を導くには、指導者の能力として必要な事項である。だから、努力する。俺には引退はない。本当にしんどいと自分自身でギブアップする時が来るまで、日々バスケットを楽しむ能力を身につけたい。チームを巣立てるには先が見える、その領域を広く持つことが必要である。「転ばぬ先の杖」「転んでも起きあがる杖」を準備しておくことが「見える領域」を広めることになる。

信じるか否かは、あなた次第である。


スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1757-20acea86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード