クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー321】《二者択一》 

莠瑚€・萱荳€_convert_20150527162950
【ある日のコーチング・カレンダー321】《二者択一?》

二者択一の向こうに潜むもの、秘めるもの。
二つの事柄の、どちらか一方を選ぶこと。二つの選択肢のうちの一方を選ぶこと。
YESかNOかの究極の選択を迫れた時、困り果てる。
だから会議がギクシャクする。
「ええどこ取りって、あるよね」

YESかNOか、三つ目の選択もあるようね。
バスケのスリースレッド、Shoot、Pass、Dribbleの選択が出来る構え。
ボール保持者、攻める、攻めない、その次、味方にパスし、次に託する。

三者択一はバスケットでは、スタンダードな考え方じゃない。
コーチKURACHが最も得意とするアーリーオフェンスの最後のパス選択は3つ方向。
当然、自分のShoot、Dribbleを合わせれば、24秒のでボール保持後の選択肢として5つの可能性の判断をチームとして要求して常にスキルを考える。
5つの選択肢からスクリーンプレイ、ピック&ロールなど発展材料は限りなくある。

会議に限らず、論争は必要であるが、時間ばかり流れ、発展する打開策が見いだせなく、何も得るものが出てこないのは、他の選択肢を創る土壌の問題などが大きな要素としてその組織やチームに問題があるのでは…。
無駄な時間を使う会議、バスケなら練習では可能性は諦めるしかない。

その方法も、この方法もあるよね、でもさ、(その+この)から生まれることもあるかも。
そんなことを考えさされた雑誌プレジデントの一節だった。
信じるか否かは、あなた次第である。

スポンサーサイト

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1739-e0e2dc4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード