FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

「このままでは・・・」 

テーマ「このままでは・・・」

一人で起こした企業である。全ての責任は我れにあり。

社会的責任(CSR: Corporate Social Responsibility)という問いかけを続けている。

私は「いつだって辞めてやるさ」は自己”ご法度”としている。

ボランティア活動での居場所を求めなかった。

プロフェッショナルの道を選択した。


では、何を持って、企業としての位置を築くのか。

何を商品とするのか。

コーチングと言う知的財産を売りにする。

そんなものに誰がお金を出すのか。

葛藤が続いた。今も続く。


スポーツがまだまだ、文化としての位置を確立・認知されていない土壌では企業として成立するのか。

ボランティアの領域で発展してきた日本のスポーツ界。

世界に誇るすそ野の広がりがある。

にもかかわらず発展途上国スポーツ日本である。

スポーツ界で卓越性を追求している人にギャランティーが生じないのはなぜ?

特に指導者と言われる人たちに。

スポーツ界でプロと言うとプロ選手というイメージがクローズアップされる。

プロスポーツ界での指導者もプロとして認知されている。

それは限られた人数のプロの人たちであるを指す。
  

アマティアイズムで発展してきた日本のスポーツ界。

教育の一環としての発展に異議を申し上げるつもりはない。

でも、これ以上の発展に期待できるだろうか。

凄い組織(高体連や中体連など)が存在すれど、熱心な教員や関係者のボランティアの領域から出るものではない。

一部では専任コーチを雇えるレベルの組織は実存する。

それが末端のチームまで浸透していないのが寂しい。

指導者の地位を確立させることがスポーツの発展につながり、文化としての発展を強めると考える。

スポーツ指導者の質の向上とスポーツを文化として構築させることのできる人材を育てることが大切だと考える。


いくら少子化が進むとは言え、高校なら全国に4000近い学校が存在する。

もし、そこにスポーツ指導者が新たなる雇用が生じるなら、雇用拡大に貢献することができる。

外部コーチやボランティアの領域から脱却させることがスポーツ界に新たなる夢と希望が起きる可能性がある。

外部コーチにはほんの少しの報酬は支払われている。

出るだけましの社会から抜け出してほしいのである。

続く・・・。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/171-d3d8c117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード