クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー286】《分裂の危機》 

【ある日のコーチング・カレンダー286】《分裂の危機》

真剣さが生んだもめごと。

分裂の危機。
結果、場が人を育てる。

ある時のチーム、
近畿大会直前の練習。
最後のメンバー選考も終わり、紅白戦のスパーリングを繰り返していた。
今度の近畿大会は太鼓の使用が許可されている。
紅白戦参加の20名以外は応援の練習となった。
いつも公式戦間じかに鳴り響く太鼓はモチベーションが高まる。
けど、久しぶりなのかのりが悪い。
ピロティ―で何にやら話し合っている様子である。
実際は口喧嘩していたようである。
だから一つになれなかったのである。
紅白戦途中で太鼓音もなくなった。

その日、学年別のミーティングがもたれた。
いつもなら、和気藹々の3年生なのに顔つきが違う。
その殺気めいたものを下級生は感じた。
各学年リーダーも真剣である。
コーチが立ち会おうとするが晴れるような雰囲気はない。
3年生の輪にオーラめいたものが漂う。
そっとしておくしかない。
分裂の危機

ミーティングが終了して、シューティングが始まる。
暗いムードが一掃していた。
不思議な光景であった。今までの畷北ならも”めごと”が尾を引く。
すっきりしているし、大人びて見える。
いつもとは違う真剣さが体育館の雰囲気を引き締めている。

この時から3年生をより大人扱いしようと決めた。

その日の全てのことが終了した時にキャプテンを呼んだ。
「どうした?」
「応援のことでもめたみたいで・・・?」
「それで解決したんか?」
「お互いに言いたいことをまずいって、皆で考えました。」
ここまで聞けば、成長した3年生を強く感じる。
「それでどうしたんや」
「いまさら、もめるなや。楽しく近畿大会行こうや。お互いの言い分聞いたし、一つになろうやと言いました。」
「それで納得したんか?」
「はい!」
「監督が出て行く必要はないな。任しておくで。」

以前のチームなら、喧嘩になるか、後々仲の悪さだけが残るような集団で辞めていくものもいた。
それが話し合いで解決しようとする大人の集団となった。嬉しい。
更に団結して、近畿大会の会場で応援パフォーマンスを繰り広げて、コートのプレイを後押ししてくれた。
そして、このチームらしい試合ができた。一体感を感じた。
ゲームに負けた悔しさは残るが成長を強く感じる3日間であった。

応援は部員の役割の一つと考える。
プレイするもの、
ベンチのいるもの、
マネージャーするもの、
水を準備するもの、
貴重品を管理するもの、
荷物番をするもの、
太鼓をたたくもの、
応援を指揮するもの、
メガホンで大声出すもの、
全ての会場での行動は部員としての役割である。
どれ一つかけてもこのチームらしさを表現することは出来ない。
自分の居場所で実行することを部全体で認める。それが畷北である。
この自分の居場所に誇りを持てない者は仲間として認められない。
でも、自分の居場所を必ず探して、チームに貢献してくれるのも畷北である。
一人一人誇りを持てるようになった。
これが、この場が人を育てたくれた結果である。

「何でこんなことせなあかんねん」とすねていても始まらない。
会場を見渡して見ればいい。
近畿大会レベルになれば、色々なチームものが自分の役割を嫌な顔一つせずに誇らしげに行動している。
自分たちのチームの太鼓を背負って歩いているじゃないか。
顔が輝いている。
チームのために一人一人が必死に動いている。

観客席で席を譲ってもらうために頭を下げてお願いしている各チームの部員の姿がある。
観客も心得たもので一試合終了ごとに譲り合う。実にさわやかである。
そして、観客も応援する各高校のパフォーマンスを楽しんでおられる。
これが高校生のエネルギーである。

各チームの苦労が見え隠れする場が観客席である。
この観客席に部員と一緒にいる時間が楽しい。
そして、そのチームの実力を見ることが出来る。
このチームでは、監督が観客席にいることを当たり前と考えている。
けど、監督がいることでテキパキと行動する時代を卒業し始めていることが嬉しい。
場が人を育てたくれた結果である

信じるか否かは、あなた次第である。
           
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1703-9185da83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード