FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

熱く語るを信条とする 

言葉で伝える。

同じ国に住む共通言語が日本なら日本語である。

標準語があるものの、ところ変われば、色々な表現方法がある。

理解できないことも多々ある。

伝わらないものを伝える。

講演・講習・セミナーなどでいつも悩むことである。

受講していただける方に失礼があってはいけない。

確実に伝えるツールが言葉である。

これが伝わったと簡単に片づけてはならない。


CIMG1374_convert_20100807084246.jpg

伝えたことが、全て伝わって理解していただけることは、困難である。

一方通行の伝達なら可能であるが、聞いていようが、聞き流していようが簡単なことである。


確実に伝えなければならないツールの中に「熱意」「誠意」などが加味されなければ、

心の残ることはない。

また、聞いてとって都合のいい捉え方しかされないのが普通と考えるのである。

「そんなの聞いてないよ」が世の常。

「クラッチ62歳、なにかイライラする」

これは教員時代から感じることだけども、わかる様に話する。

禁句があった。「そんなことも知らないの」

この言葉で多くのトラブルを教室で起きた。

知らない。わからない前提で授業を伝えれば多く伝わった。

ところがレベル差が教室にあるときには、全ての生徒に満足させるには非常に難しい展開が待ち受けている。

厭きささないく50分を終えるには非常に疲れた。

今、この試行錯誤の日々が役立っている。


わからないことをわかるように伝える。

出来ないことを出来るようにアドバイスする。

主体は聞き手に置くことである。


スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/167-95a1c7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード