クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー247】《監督のメモ》 

【ある日のコーチング・カレンダー247】《監督のメモ》

精神的基盤につながる葛藤。
精神的基盤の創造。

 非常にハードなスケジュールの遠征試合。試合の合間や部屋で書き留めたメモがある。どんなチームに育てたいのかを箇条書きに残して置いたものである。
 レギラーメンバーは・・・・?
 目標到達点は・・・・?
 足りないものは・・・・?
 困ったときのプレイは・・・・・?
 メインのオフェンスシステムは・・・・・?
 誰をどのポジションに配置するのがベストなのか・・・・?
 伸びてきて欲しい選手は・・・・・?
 などなど、かなりの量のメモである。これを読み返し、チームのエキスとする。 

 そこで葛藤する選手と監督。この時期にしかできないことがある。この時期に手抜きをすると明日はない。この時期に監督を恨んでもしかたない。それほど、追いつめることが必要な時期でもある。
 「なんで、なんで・・・・?」
 3年生が居るときには「よし、よし」だったじゃないかの感情が部員の頭を支配する。
 俗っぽい言葉であるが「鉄は熱いうちに打て!」である。
 打てば、打つほど、精選され、粘りがでて、光る。
 部員の心を鍛えることが、技量を身につける。
 とは言っても、強い指導にへつらえ、ひれ伏せという感覚のものではない。
 「自分自身を鍛えなさいよ。カッコええで」という感覚である。

 チームを育てる条件にこれだけは守らせたいことがある。
 技術の上手い下手を問いかけただけでチームは強くならない。
 これだけというものは一体何なのか?
 それはチームのモラルである。
 しんどいことを楽しめる土壌である。
 上手くなりたいという向上心である。
 自分の個性を生かせる場を探すことである。
 それは我がままを主張しろというものではない。
 主張とは、プレイの成功を意味する事も一つだし、
 主張とは、時間を守るとかの生活習慣の安定である。
 主張とは、コツコツした努力を意味する。
 主張とは、チームシステムの理解である。
 自分の居場所を持てない主張は無駄である。
 自分の居場所なしでの主張は我がままである。
 良いモラルとは、他人任せの行動様式を一掃することである。
 自分の力量をわきまえることである。
 努力なしで試合に出たい願望でだけで僻むな。
 偶々出来たことを過信して自分は出来ると思いこむな。
 安定して出来てこそ、自分の実力である。
 努力して、直向きな者には暖かいのが畷北のモラルである。
 走るという技術、声を出すという技術を進んで出来るのがモラルである。
 チームの仕事、水くみや、得点係などを嫌がらずに出来るのがモラルである。
 そして、出来るまでやり続ける精神的スタミナを持つことが畷北の精神的基盤である。 出来ないから諦めるの精神構造では 、試合ではなく、練習中には使ってもらえない。
 頑張ることが主張できたら、チームメイトは”君”を認めるだろう。
 仲間に入れてもらいたいからと”こびる”必要はない。

 黙ってコツコツと前向きに努力していれば、必ず酬われる組織をこのチームは持っている。ダメだからといって諦めない。

 本人が諦めかけていても、気づくまでサインを送り続けるしつこさを持つチームである。 目標と現実の差を埋めることがチームや個人の努力である。
 目標とは努力すれば届く可能性のあるレベルである。
 そのレベルは流動的である。
 到達すれば、直ちに次の目標を設定する。その繰り返しが努力である。
 甘い者は直ぐに満足する。到達基準が低い者に起きる現象である。
 直ぐ其処にある目標を馬鹿にして、遙か上の高いレベルに直ぐ生きたがる者に限って、努力しない。そんな者に限って、ファンダメンタルトレーニングを馬鹿にする。そして、簡単な事が出来ない者を馬鹿にする体質がある。このチームはこのことをことごとく嫌うのである。コツコツと地道に努力して出来たことを共に喜べるモラルを共有したいのである。これら一連のことがこのチームの精神的基盤である。この基盤の上に立って技
術があると心得ているチームである。
 でも、新チームはなかなか出来ない代物である。
 だから、時間をかけて、出来るまでやる時期が必要である。
 未来を見つめて、未来を想像して、目標が見えてくるチームでありたい。
 目標を設定し、地道な努力が出来る、そんな部員を育てたい。

遠征先の監督メモより

信じるか否かは、あなた次第である。
               

スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1660-8099d568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード