クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー246】《チャレンジ戦》 

【ある日のコーチング・カレンダー246】《チャレンジ戦》

頑張れる材料-チャレンジ戦-。

多くの部員を抱えるチーム。
ある日、中学校の先生が練習見学にこられた。
「部員がいきいきしていますね。1軍とか2軍とかはないのですか?」と質問された。
「季節や時期によっては、ベンチ候補とBチームに別れますが、基本的には全員で練習しています。」
「これだけの人数で練習になるのですか?」と更に質問を受けた。
「練習の順番がなかなか回ってこなくて、汗もかかない時もありますよ。ハーフコートの日なんて悲惨なものですよ。心斎橋の引っかけ橋の上でバスケしているみたいものですよ」と答えると
「嘘でしょう。想像できません」と言われたが事実である。
「でも、公式戦の1ヶ月前では全員一緒とはいかない」と答えると納得された。

夏休みに入っての合宿、強化大会、練習試合と多くの試合チャンスが巡ってくる。
日頃の練習の成果を見る絶好のチャンスである。
多くの部員にチャンスは巡ってくる。
ここで監督からランク別のチームが発表される。
3つのチームである。合宿ではチーム名北斗星、夢、心と名付けられたチーム編成でしのぎを削った。
みんな必死である。夏の合宿直後の強化大会、練習試合では編成を入れ替えることはなかった。
強化大会終了後、チームは大きく2つのチームに編成替えを実施した。
ベンチ入りを約束された25名の部員ともう一度、ゆっくりと技術指導されるグループに分けられた。
平たく言うと1軍と2軍かも知れない。でも、そういう言葉は使わないし、使いたくない。
部員全てを同じ目線で指導しようとするチームの考え方である。
しかし、分けられたことに全ての部員が心底納得しているかというと疑問である。「自分はもっと上手い。何でランク下のチームなんだ」と思っている部員が居ても当然である。
その疑問を感じたときにトコトン指導される。
分けられた事の不満を解消するために何故、今いるチームに属しているのかが説明される。
それでも、納得いかない部員にチャレンジ戦が準備されている。
所謂入れ替え戦である。

今回、3年生中心で3年間一度もベンチ入りしたことのない部員も含めてAチームが編成された。
日頃、試合に出るチャンスの少ないメンバー中心に毎日チャレンジ戦をうける事になる。
このチャレンジ戦は全てのスパーリングが終了した後、7分2Qで行われる。
この時はA・Bチームとも応援合戦の中で必死の紅白戦が繰り広げられる。
公平を期するためにキャプテンが中心にレフリーをする。でも、3年生に厳しい笛で後輩には寛大なジャッチであるようにクラッチに映っていた。激しいディフェンスに激怒する3年生にブーイングがとぶ。「必死なんやから、受けて立ってやれや!」とヤジが飛ぶ。「わかった」と合図を送り、激戦の中に戻る。実に爽やかな光景がチームのコートにある。
下級生の頑張りも空しく、ほぼ3年中心のAチームが苦戦しながらも勝ち続けていた。

ところがある日は違っていた。
チャレンジ戦の前にチャレンジ権を得るための試合がある。
そこで勝ち続けているユニットが今日は全敗である。甘さが出たのである。
いつも最下位のチームが頑張ってメインのチャレンジ権を得たのである。
そして、第1Qで10点差まで3年生をやっつけたのである。大騒ぎである。
でも、3年生の頑張りで同点とする。同点にされたのがチャレンジ権を奪われたユニットである。
最初のチームの部員は怒らなかった。ベンチで応援し続けているのである。
そして、残り3分ほどでこの子らにチャンスが巡ってきた。その時、4点差で負けていたのである。
この子らは直向きであった。勝ちを信じるより、日頃、言われ続けている「自分たちのバスケをやれ」を実践したのである。
すると内容が一変したのである。大逆転を演じたのである。
この試合終了後、公式で勝ったと同様の喜びを表現した。

この試合の終了後、2つに別れてミーティングが行われた。
Bチームは拍手で健闘をたたえあっていた。
Aチームは落ち込んでいた。
その時にキャプテンが「何を落ち込んでるねん。後輩たちが頑張った事を確認してやろうや。負けたからって、馬鹿にされる事はないし、そんなことする連中でもないで」と態度を直せと檄を飛ばした。
指導者クラッチが横で微笑んでこの光景を見ていた。         

信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1659-ecd37fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード