クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー169】《意識の改革》 

【ある日のコーチング・カレンダー169】《意識の改革》

ある学校の文化祭中の
取り組み姿勢、朝練の変化。

意識の変革
ある学校の朝。
早朝6時30分に数名がすでにやってくる。
いつもの光景である。クラッチが頑張れる材料の一つである。
新チームになって『全国への道は自己管理から』をテーマに取り組ませている。
「少しぐらいの努力でやったつもりになるな」と強いメッセージが付け加えられている。
真似は上手である。そこから先がない。これが飛躍を止めている。
指導過程で先輩の背中を観て育てることを意識させてきた。
先輩の背中を観て育っている。それが伝統である。
真似て維持は出来るが発展はない。
多くの部員は先輩のようになろうとする健気な態度はある。
しかし、発展はない。これをクラッチは嫌う。
だから、新チームへのメッセージに『自分たちの手で新しい歴史を創れ!』を付け加えた。

負けて悔しい。
数日は誰でも思うことである。悔しさの持続が向上心を生む。
悔しさを持続させて卑屈になるのなら、その日で悔しさとはお別れすることである。
サバサバと現代風の若者になり、「俺たちは良くやった」と傷をなめて過ごせばいい。
でも、その生き方では、進歩を見いだせることは出来ない。
負けた日の涙を直ぐ忘れて、より以上なる努力に飛び込めない。
あれだけやっても勝てなかった。
「あれ以上のことは出来ない」のでは、また同じ敗戦の涙を経験するだけである。
昨日までの戦いは過去のことである。
積み重ねてきた努力を土台に更なる努力の層を積み重ねる精神がほしい。

数日前からの朝練が大きく変化してきた。
やたら大勢が早朝の7時前から登校してくる。
新キャプテンが7時半になると全員を集めて何やら、ミーティングをしている。
内容は文化祭期間中の練習である。
・クラスのことを手抜きするな。
・可能な限り全体練習をする。
この2点を確認していた。そして、部としてとった行動がある。
・部を2班に分けて、クラスに集中する日をつくる。
・朝練を全員でやる。
今までの学年にはなかった工夫である。
ほぼ全員来ている。
でも、自分たちで決めたことを徹底できない連中を自分たちでどうするかが楽しみである。やらされているバスケではないはずである。
けど、自分たちで決めたことの責任を果たせないようでは本物ではない。
自主的に始まった朝練をコートの隅で観るクラッチである。

強制したことは、一度もない。
自主練だから、口出しもしない。

信じるか否かは、あなた次第である。

              
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1562-89d59497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード