クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【ある日のコーチング・カレンダー148】《スタンドからの声》 

【ある日のコーチング・カレンダー148】《スタンドからの声》

 聞こえた声で起死回生のプレイへ。
「スタンドの声」JWBLプレイオフから。

かなり過去の読売新聞3月14日記事より。
「スタンドにいたおじさんが、『浜口っ。台形(ペイントエリヤ)で(ボールを)もらったら思い切りいけ』ってどなっているのが聞こえたんです」
 JWBLプレイオフの5戦は本当に凄かった。このような試合が続くなら、バスケットボールのファンは去らないし、素人のファンも引きつけるドラマチックな5日間であった。あのような熱き戦いをコージネイトされたちチーム無関係者に心から拍手を送りたい。ましてや選手一人一人に「ナイスゲームを有り難う」とお礼を言いたい。エナジー&シャンソンに勝者敗者はあっても、バスケット界にとっては両チームの選手は救世主です。バスケット界関係者の皆さん、この両者の戦いに水を差すような組織運営をしないでほしい。休部や廃部など悪いことばかり、厚く燃える中・高・大学生が失望することばかりです。先の見えぬ組織にうんざりし始めている矢先にこの素晴らしい『女たちの戦い』を大切にしてほしい。
不調の浜口を勇気つけたスタンドからの声。本当に聞こえたなら真のファンの『心の声』です。それをきっかけに第3ピリオドの立ち上がり3連続フックシュートは圧巻でした。凄いの一言です。「もう頑張る材料は私たちにありません」とシャンソンの選手に宣言させてしまった女王浜口のビックプレイである。

 ここで注目したいのが『心の声』である。本当だと思うが浜口選手に届いた声は、私は実際にはなかった声ではと思う。なぜこのようなことを言うか、過去にこのような経験があるからである。昭和61年度、この年から3Pシュートが導入された年である。その年の近畿ミニ国体の決勝。少年男子戦での後半残り数秒での出来事である。

 後半、残り数秒で90対92と相手のリード。
 もう駄目かと思ったときにスティールに成功。
 キャプテンFが速攻のリーディングへ。
 そのまま、レイアップシュートに、そして、延長と考えたその瞬間。
 F選手は、何と3Pエリヤでストップ、そしてシュート。
 ブザービーターでカンウント。
 93対92で大逆転。
 胴上げされる監督倉田の頭の中では「何故、3Pシュートを打った?」が渦巻いていた。
 しかし、試合は劇的すぎる勝利である。
 この時の相手チームは全国の頂点を目指すチームであった。
 そして、大阪はタレント不足の年度で頑張るしかないチームであった。
 勝てないかも国体出場できずを覚悟して、それをかぶって引き受けた監督でもあった。
 そしてまさかの本戦出場と国体3位の入賞にわいた年であった。

 何故、この話を出すのか。今年のJWBLでの浜口の記事が原因である。この試合で打った3Pシュートに対する疑問を試合終了後のミーティングでキャプテンFは、ベンチから倉田先生が「F、3P!」と叫んだというのである。監督としては延長のことで頭がいっぱいで、その準備に入っていたところである。にも関わらず、幻想の言葉「F、3P!」を信じて打った3Pがものの見事に入っての勝利。本当に不思議な出来事である。
F君は今でもこのことを信じているという。「勝ちたい」「勝たせたい」気持ちが生み出したエピソードである。
 ジャパンエナジー浜口に対する観客席からの『心の声』は、浜口自身の声ではないだろうか。プレイオフ最終戦、観客席の声が届くような状態ではなかったと思う。やらねばと思う気持ちが彼女の心と体を動かせたのと信じたい。本当に伝説めいたことが語り継がれても良いナイスゲームであった。 
 ビバ、バスケットボール。
能力は実現出来た時に開花すること教えられた出来事であった。

信じるか否かあなた次第です。

スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1539-db733817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。