クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【ある日のコーチング・カレンダー147】《シュミレーションSimulation》 

【ある日のコーチング・カレンダー147】《シュミレーションSimulation》

緊張して、真っ白になって、あがってしまって、公式戦で何が何だかわからないまま間に気が付けば、負けていた。
良くある話であり、何度も経験した。
公式戦当日、過度の期待をかけない。
所謂、平常心で臨ませることを念頭に置いての取り組みスキルを導入する。
「のびのびさせること」聞こえはいいがここにも魔物は潜む。
緊張感ないままにだらりっと入り、力の出せないままに終わってしまう。
特に若い世代では、このコントロールが難しく、チームマネジメントに大きな比重を占める結果を生む。
選手だけではなく、チームの指導者にも同様のことは起きてくることも多々ある。
そこで対応策スキルを実践して、効果をだしたことを部員たちがその後、自分たちの伝統とした。
Simulation001.jpg

試合当日のチームの行動を予行させる意味は・・・・。
シュミレーション Simulation
試合当日の行動をシュミレーションする。
ゲーム内容をシュミレーションすることやイメージトレーニングで精神的あがりを作らないように各チーム色々な工夫をしている。チームが取り組んだのは、試合当日の集合からゲーム開始までをシュミレーションして、

①各自の家から集合場所を考えて5分前集合。
  学校体育館前を集合場所として、1年生は各自の分担されたチームの荷物を持って、予め当日と同じ状態での集合。
②更衣は体育館周辺で済ませる。
③オフシャルチームは予め決めておく。
④ハーフアップは全員で。全てコートマネージャーの指示で行う。
  ハーフ5分前には体育館中央で待機させる。
⑤ハーフアップ終了後、メンバー発表。
⑥体育館外でのアップ。コートマネージャーが立てた計画にキャプテンの判断で強弱をつける。この指示には絶対従う。
チームの意志決定の一本化。従わない者は試合の出るチ ャンスなし。但し事前の申し出でキャプテンが判断する。
判断の材料は、天候特に気温、体調などである。
基本的には息を一度は完全に上げる内容であること。
⑦部旗係は、試合前10分間に必ず張る。
⑧試合前のアップは、ベンチメンバー15名(都道府県で異なる)によりで集中して頑張る。
⑨シューティングのボールは、スターター中心に多く打たせる。
 この配慮が時にはチームないときがある。日頃、レギラーやベンチメンバー関係なく、一人ボール一個でのシューティウ グ あたりまえのチームである。だから、試合当日は平等ではないことを教えなければ、とんでもない者がシュートを打っ ていることがある。
⑩コートの係を決定する。
 水の準備。
 スコアーの準備。
 ユニホームの準備。
 ボールケースの準備。
⑪試合以後の忘れ物の確認。

 なぜ、このようなことをするか。ユニホームはと言うと「誰々に任してあります。」との返事。一見この子の主張が正しいようであるが、レギラー一年がユニホームや部旗の後片づけをしている。かなりのハードなゲームの後に片付けている状態である。
これを指摘するとパニックに陥ることがチームに起きることがある。
だから、予行演習をする必要がある。要するに気配りが出来なく、全体の中の自分を客観的にとらえることが出来ない。これで最後にはパニックって大きなミスにつながる。だから安心材料を創っておく必要がある。しかし、このシュミレーションが絶対に役立つと信じている。
チーム事情、チームの多様化で色々な取り組み方はある。
一つの事例として参考になさってください。

信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1537-1fd0df21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。