クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー146】《セルフイメージ》 

【ある日のコーチング・カレンダー146】《セルフイメージ》
 
 学びを活かす日々が必要である。
 机上の空論で終わらせないためにも、現場で実践することが大切である。
 その姿勢は忘れることはない。
 そのために自分の能力を正しくイメージする必要がある。

 学びの一つとして

『セルフイメージ』
 セルフイメージとは、『自分はこのくらいの人間』と思い描く能力である。
 -スポーツドクター辻 秀一氏より。

 高い能力を持っているのに発揮できない人間。
 低い能力なのに、傲慢な人間。
 
どちらが伸びると思いますか。
どちららにしても正しい評価を本人が自覚できていない結果である。
 適正な能力を最高レベルにまでに高めるには『環境』『経験』『人(指導者)』『メンタルタフネス』と言うことを辻 秀一氏から学んだ。まさしくその通りである。

『環境』とは。
 好きなことで優れた能力を持つ人間が最大限の力を発揮する環境を整備すること。

『経験』とは。
 成功したことを伸ばし続けること。良いドリブルしていたのにシュートを外してしまった。シュートミスを叱るのでなく、良いドリブルを誉める手法をコーチングのテクニックとして採用する。すると良いイメージだけが記憶されていく。その内に良いシュートも副産物として生まれてくる。これを『セルフイメージ』という。

『人(指導者)』とは。
 成功する土壌を整備して、正しいテクニックを修得できるエクササイズを提供する。成 功感という『セルフイメージ』プログラムを提供するコーチ力を持つ人が、選手の周辺 に存在することが大切である。

『メンタルタフネス』
どんな環境でも成功するのだという精神的な強さを要求させること。このことが最も大 切なことである。辛い苦しいなどという感情でなく、きついことを楽しむ土壌を与え続 けることが『セルフイメージ』である。

 良いイメージを提供し続けるには、指導者のタフさも要求されるし、勉強もかなり必要である。「スポーツは文化である」ことを強く指導者は、自覚することである。

多くの本、多くのセミナー、多くの人々から学び、突き詰めようと切磋琢磨した日々がある。その多くを実践し、試し、改善し、開発して、オリジナリティを求めた。
その原点は、悔しさであり、なぜ出来ないんだという怒りであり、やれるかもという期待感であり、ささやかな成功感の蓄積である。
そして、今がある。
その『今』は過去に夢見て生み出そうとする希望を込めて、『未来』をイメージしてきたことが指導者としての大きな要因である。

この人からだけの影響ではない。
集合体としての学ぶ姿勢である。
真似ることから始めて、実践することでなし得た経験値は指導者としての財産である。

信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1536-c73bfdad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード