クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー125】『次はない』 

【ある日のコーチング・カレンダー125】『次はない』

ある指導者からメールをいただいた。
「イメージ・ベクトルの共有化のために、全習法を取り入れた練習、新人戦までの3カ月計画表やブログから得た個人のデータ表の作成等、やれることをまずやってみました。
そうすることで、今までにない変化が出てきました。
一番感じる変化は、子ども達自身が着地点を共有することで、そこに向かっての「コミュニケーション(会話)」をすることです。
今までは、できていないプレーが起これば、自分が説明を毎回するといったことが中心だったのですが、着地点を子ども達自身が共有していることで、勝手にと言ってはあれなんですが、自分たちでそれに向かおうと、お互いの気づきを共有して良くしようとしているのが、見てとれるようになってきました。
分解した練習も着地点に繋がっているという意識が、モチベーションを上げているとも感じます。
長期計画表や個人データ表も、目標(着地点)をどこに定めるのかという観点からとても役立つと感じております。

個人の特徴は?
何ができて、何ができないのか?
その個が集まったチームが一つの勝ちにつなげるために、どんなバスケットを展開していくのか!?
そのために今何を積み重ねるべきなのか?
次の練習試合で何を試すのか!?
自分が必要だと感じたものが本当に正しいかどうかは分かりませんし、それがすぐに結果に繋がらないことは覚悟しています。けれど、やめないこと!今を積み重ねていくこと!」

との内容であった。

『やれば出来る』の希望の灯が灯りはじめている。
『きっと出来る』が微かにでも、灯りはじめている。
このイノベーションを具体化すれば、『もっと』『必ず』が見え始めるに違いない。

この指導者の方へのメールでのアドバイスは『次はない』覚悟を持つべきで、周到な準備を持っていただければと変身させていただいた。
次はないは『覚悟であり』、一期一会の精神で、その時の最善を尽くすを意味するものである。当然、『修正・改善』は必要であり、その先の成果構築までを見据えた指導を志していただきたい。日々の準備を次のデータとすれば、膨大なものになるが指導者としての『財産』となる。未来に必ず活かせるデータである。

信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1514-23dc68b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード