クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー116】シューティングドリル 

【ある日のコーチング・カレンダー116】シューティングドリル
shot001_convert_20141003111141.jpg
shot002_convert_20141003111250.png
shot003_convert_20141003111327.jpg
shot004_convert_20141003111407.png

ある日、Shoot練習に関する質問メールが届いた。
【質問内容】
一つお聞きした事があるのですが、ゴール下で座りシュートする練習を教えて頂いたのですが、あの練習でフォームは後で何とかなるって確か言われてた様な気がします。
膝を使わず、シュートを打つ練習によって自分で届くポイントを見つけ出す?それとも筋力UP?
どういった事が身につくのでしょうか?
今、中学生に教えていていて、やらそうと思っていまして、その際に説明しようと思っています。

【回答】
当然、筋力(腕力・腹筋・背筋など)アップにもつながりますが、下記の様な見解で取り組まれてはいかがでしょうか。
取り組みの未来ビジョン(取り組みの成果)について
①先ずは集中力が向上する
②フォロースルーが構築され方向性とシュートスピードが増す。
③シュート距離(3p)が伸びる。
④練習する選手のシュートする理想の力関係(フォーム)が出来上がる。
⑤何よりもシュート率が向上する。
⑥クイック(素早く)でジャンプしなくても打てる。スタンディングシュートの見直しとなる。
⑦なによりも選手がなかなか出来ないけど、出来そうな取り組み姿勢ができることが最高です。
⑧習得すれば、自分の能力に応じて距離を伸ばしたり、向上することが自覚できるスキルの一つである。
提供するスキルには、常に長所・短所がつきものですが、あまり短所は見つからないスキルの一つ自負しております。多くのチームの指導者がいい練習スキルと受け入れられていただいています。
中学生のカテゴリーでも、フリースローラインから長座姿勢で打てるようになった事例を報告くださった指導者もおられる。

この様に回答させていただいた。ほんのささやかな工夫で技術はかなり向上する。
信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1503-96715afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード