クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【ある日のコーチング・カレンダー114】上手くなるかの原点が食生活にあり。 

【ある日のコーチング・カレンダー114】上手くなるかの原点が食生活にあり。

じっと待つ。

 遠征先の夕食時、凄い食欲である。この食欲が若さの象徴であり、食べれなくてはスポーツマンとして大成しない。ましてや環境の変化に対して敏感すぎて、食が細いものは大きな試合では、自分の力が発揮できないままに終わることが多い。この春は多くの遠征を組んだ。ほとんど毎日、監督と生徒が一緒に生活する家族の様であった。だから、良い面も、悪い面も見えて、意義あるものであった。その生活の中で、もっとも人間性の見えた時間が食事の時間である。選手の一人一人の基本になる行動パターンは、食事時間に原点を見た。

 遠征のあるときに、楽しく食事をしていたのだがご飯が足りなくなった。誰かが取りに行くだろうとみんなの行動と周りを伺う者が2~3名いた。どうするかなと観察していると誰もご飯を請求しない。じっと黙り、肘をついて、箸を舐めているだけである。じっと待っているのである。この光景だけを見ていると我慢しているのだと美談のように見えるが、そうではないのである。初めから「ご飯はいくらでも」と旅館側から言われていたので伝えてあった。自分たちで判断してお櫃(ひつ)を持って取りに行くだろうと予測していた。しかし、誰も取りに行こうともしないので、今日は食欲がないのかと少し心配なので皆の顔を見渡すと物足りなさそうに見える。「おかわりを頼んでもいいんやで」と監督が言っても立つものがない。それでも物足りなさそうな顔をするので「ご飯が足りないものか…」と監督が言うと数名手を上げるのである。自分からご飯が足りないと主張できないのである。誰かが取りに行くだろうとじっと待っていたのである。

 どうするだろうと観察していた。試しに「誰かごはんを貰って来いよ」と声をかかれば、「きっと反応するよ」と予測していた。監督が「ご飯のお代わりはOKだよ!余らしては悪から、欲しい者、手を上げて」と声かけると「僕、もらって来ます」と誰かが立つだろうと甘い予測していた。お腹が空いていて足りないのだが、言い出すことが出来ないのである。監督が足りないものと言って初めて、足りないことを主張するのである。この行動パターンは、日頃の練習態度と比例するのである。試合に使って貰いたいが、監督が指名するまで、じっと我慢しているのである。監督が絶対だから、じっと我慢しているのである。クラッチはそんな育て方をしていないのにじっと待っているのである。与えられたことを平均的にできる良い子ちゃんたちなのである。これでは、本当に強くなれないのである。与えられたことしか出来ない精神構図は飛躍にはつながらない。三度の飯よりバスケが好きでないと全国なんてほど遠いものである。

 この遠征合宿で食事時間の『じっと待つ』の精神構造が上手くならない構図であることを発見できたことが大きな収穫であった。このじっと待つ無言の主張する子が、「なんで試合に使ってくれない。自分はこんなに我慢しているのに」と思い続けている選手なんだと発見できた。指導者がこの子達に我慢することはない。”主張すること”と”主張すれば、自分から動かなければ駄目なんだよ”と教えなければ、人間的にも、スポーツマンとしても成長しない。この判断が出来るかどうかが非常に大切なことである。

 遠征途中でのミーティングでの監督の言葉、「お腹が空いたと我慢しても、ご飯は飛んでこない。自分でおかわりを宿舎の人に言いに行きなさいよ。誰かが行くだろうの気持ちが、試合での人任せのプレイを生む。なんでも人任せで、自分が出来ないのは、他人が悪いと決めて、ストレスと持つ。そのストレスが素直さをどんどん失っていく」と教えた。ご飯が食べられなかったのではなく、ご飯を取りに行くのが面倒で誰か行くだろうとじっと待っていたのである。そして、食べさしてもらえなかったと自分の行為を正当化するのである。そして、食事後コンビ二に走るのである。この夜の『じっと待つ』事件が発端で遠征中のコンビ二禁止令が出たのである。自業自得である。自分たちがまいた種である。あの時に肘ついて箸を舐めながら『じっと待つ』事件発覚しなければ、自分たちの楽しさも獲得できたのに可愛そうで情けない畷北の部員たちであった。しかし、何故か上手くならない子の本質を見ることが出来たことが、凄い収穫になった。

信じるか否かは、あなた次第である。
                  
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1501-b414fff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。